Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、フロッピーディスク反対運動で勝利宣言

日本、フロッピーディスク反対運動で勝利宣言

日本、フロッピーディスク反対運動で勝利宣言

日本、フロッピーディスク反対運動で勝利宣言

  • 河野太郎デジタル大臣はフロッピーディスクの使用を義務付けるルールの廃止を発表した。
  • 河野氏の目標は、ファックスを含む時代遅れのテクノロジーを排除することだ。
  • 日本はテクノロジー大国であるにもかかわらず、変化への抵抗により世界的なデジタル変革に遅れをとっています。

フロッピー ディスクの使用が義務付けられている 1,000 以上の規制のため、フロッピー ディスクは時代遅れであるにもかかわらず、先月まで人々は依然としてフロッピー ディスクを使用して政府に書類を提出する必要がありました。 しかし、2024年現在、日本はついにフロッピーディスクに別れを告げました。

河野太郎デジタル化担当大臣は、フロッピーディスクの使用を義務付けるルールがついに撤廃されたと発表した。 2021年、河野氏はフロッピーディスクに「宣戦布告」した。 ほぼ3年後の水曜日、彼は「フロッピーディスクに関する戦争に我々は勝利した!」と宣言した。

河野氏は就任以来、時代遅れのテクノロジーを排除することを目標としてきた。 同氏は以前、「ファックスを廃止する」意向を表明していた。 日本はかつてテクノロジー大国とみなされていましたが、近年は変化に対する根深い抵抗により、世界的なデジタルトランスフォーメーションの波に遅れをとっています。

たとえば、職場では引き続き電子メールよりもファックスが好まれており、政府機関からファックスを撤去するという以前の計画は反対により中止されました。 この発表は日本のソーシャルメディアで広範な議論を引き起こし、X(旧Twitter)のあるユーザーはフロッピーディスクを「時代遅れの経営の象徴」と呼んだ。

Xに関する別のコメントでは、「政府はまだフロッピーディスクを使っているのか?それは時代遅れだ…政府は老人でいっぱいだと思う」と述べた。

他のコメントはもっと懐かしいものでした。 あるユーザーは「フロッピーディスクがオークションサイトに出品されるようになるのだろうか」と書いている。

正方形のフロッピー ディスクは 1960 年代に発明されましたが、1990 年代にはより効率的なストレージ ソリューションの出現により人気がなくなりました。 3.5 インチのフロッピー ディスクには 1.44 メガバイトのデータしか保存できません。 32 ギガバイトの情報を保持できる最新のメモリー スティックの記憶容量に匹敵するには、22,000 枚以上のフロッピー ディスクが必要になります。

最後の大手ディスクメーカーであるソニーは2011年に生産を停止した。遅ればせながら官僚機構のデジタル化推進の一環として、日本は河野氏が率いるデジタル庁を2021年9月に発足させた。

地元紙の報道によると、政府が段階的に廃止しようとしているにもかかわらず、多くの日本企業が依然として「ハンコ」と呼ばれるエンボス加工の個人印鑑を使って公文書を認証することに固執しているという。 報告書によると、こうした切手からの移行は「非常に遅いペースで」進んでいるという。

2019年、この国の最後のポケベルプロバイダーはサービスを停止したが、最後の個人加入者は、それが高齢の母親が好んで使っていた通信手段だったと説明した。

READ  Freeview TVで数百万人が厄介な問題に直面していますが、無料で修正できます