Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、ベトナムは中国に対するサイバー防衛に目を向ける-外交官

東京レポート | 保護 | 東南アジア

サイバーセキュリティ協定は、日本がベトナムに防衛機器と技術を提供するという協定を両国が締結してから2か月後に締結されます。

日本とベトナムは火曜日、中国の主張の高まりに対する懸念の中で、アジアの両国が急速に軍事関係を強化したため、サイバーセキュリティ協定に署名した。

日本の信一防衛大臣は記者団に対し、サイバー協定は、名前で国を特定せずに中国に言及し、現在の国際秩序に挑戦するインド太平洋地域での活動に関する「強い切迫感」に対処することを目的としていると語った。

岸氏は、ベトナムのファン・ヴァン・ジャング氏との会談は、「両国間の防衛協力を新たなレベルに引き上げた」と語った。

日本は近年、米国、オーストラリア、その他のパートナーとのサイバー防衛協力を強化し、4月にNATOのサイバースペース演習に参加しました。 日本はまた、ベトナム、シンガポール、インドネシアとサイバーセキュリティに関する協議を行った。

日本の国防省は、サイバー攻撃は、この地域でより積極的になっているため、中国からの増大するセキュリティ脅威の一部であると述べています。これは、米国やこの地域の他の同盟国の共通の懸念事項です。

この記事を楽しんでいますか? フルアクセスにサインアップするには、ここをクリックしてください。 月額たったの5ドル。

東京は、中国が主張し、ディアオユと呼んでいる、日本が支配する尖閣諸島の近くに中国海警局がいることに定期的に抗議している。 日本の当局者は、中国の船が島の周りの日本の領海を日常的に侵害し、時には漁船を脅かしていると言います。

岸氏はまた、日本の海域と空域の近くでの中国とロシア間の共同軍事活動の最近のエスカレーションについて懸念を表明したと述べた。

岸氏によると、中国のH-6戦闘機2機とロシアのTu-95戦闘機2機が日本海から東シナ海と太平洋に飛来し、日本の自衛隊の飛行機がスクランブルをかけたという。

彼は、中国とロシアの戦闘機が以前に2019年に2回日本中を一緒に飛行したと付け加えた。

会談の中で、岸氏は、東シナ海と南シナ海での中国のますます積極的な活動に言及し、「強制または緊張を強める活動によって現状を変える一方的な試み」に対する日本の強い反対を表明した。 ベトナムは南シナ海で中国と独自の海事および領土紛争を抱えています。

岸氏は、日本は「自由で民主的な」インド太平洋地域を保護し、米国や他の「普遍的な価値観を共有する志を同じくする国」と協力することを約束していると述べた。

火曜日の協定は、日本がベトナムに防衛機器と技術を提供することを許可する協定を両国が締結してからわずか2か月後に行われます。 特定の機器、おそらく海軍艦艇の移転の詳細は、まだ議論されています。

ベトナムは、東京が防衛産業の強化を目指しているため、日本が防衛機器および技術移転協定に署名した11番目の国です。 日本はまた、旧同盟国である米国を超えて軍事協力を拡大することを目指しており、英国、オーストラリア、フィリピン、インドネシアと同様の協定を締結しています。

READ  IBM Japanは、より良いプラスチックリサイクルのためにブロックチェーンテクノロジーを活用しています