Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、ポリサリオ戦線のTICAD参加を非難・拒否

日本は、8月27日と28日にチュニジアの首都チュニスで開催された第8回アフリカ開発会議(DICAD)に、分離独立派のポリサリオ戦線が参加したことを非難します。

日本の代表団は、サミットの最初の本会議の進行中に声明を発表し、「TICADはアフリカの開発に関する議論の場である」ことを再確認したと、モロッコの国営通信社MAPが報じた。

「政府高官会議やサミットを含むTICAD会議で日本を主権国家として認めない組織は、組織の地位に関する日本の立場に影響を与えない」と声明は強調した。 ポリサリオの自称サハラ・アラブ民主共和国(SADR)。

東京は、チュニジアと日本が独占的かつ共同で発行するサミットへの招待状は、東京が公式に認めた国にのみ送付され、アフリカ連合の制裁の対象ではないという、すでに表明した立場を繰り返した。

その結果、ホスト国は日本の代表団への信頼を満たし、日本とアフリカのパートナーシップにとって重要なこの会合を記念すべき神聖さと平和を損なうことになりました。

8月19日、日本は、正式に合意された手続きに違反したとして、AU委員会のサミットへの出席の招待を断固として、明確に拒否した.

チュニジアは日本の反対を退けた。

一方、モロッコは、特にチュニジアのガイス・サイード大統領がカルタゴ国際空港でポリサリオのリーダーであるブラヒム・ガリを歓迎した後、協議のためにチュニス大使を呼び戻し、ハイレベル会議への参加をキャンセルした。

READ  日本は外国人向けの自衛隊機の打ち上げを計画している