Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、マレーシア、韓国が2023年の男子ホッケーワールドカップの出場権を獲得

ジャカルタ: 木曜日にここで行われたAFCチャンピオンズカップでの決定的なグループAの試合でパキスタンを3-2で破った後、アジア競技大会のチャンピオンである日本は、インドのブバネシュワール-ルルケラで開催されたOdishaHockey2023でのFIFA男子ワールドカップに出場しました。

今回の優勝で、日本はワールドカップ出場権を獲得した3番目のチームとしてマレーシアと韓国に加わりました。 木曜日の試合でインドネシアを16-0で下した開催国のインドも、ワールドカップの出場権を獲得しました。

2023年のワールドカップでは、日本、マレーシア、韓国が参加し、コンチネンタルイベントの出場権を獲得した16チームが完成しました。

現在ジャカルタで開催されているAFCチャンピオンズカップでは、日本とパキスタンのエキサイティングな試合が3-2で終了し、日本はマレーシアと韓国に3チームとしてワールドカップの出場権を獲得しました。

コンチネンタルイベントでは、インド、日本、マレーシア、韓国がすべて大会の上位4位に入り、週末にスーパー4決勝が行われ、イベントの総合優勝者が決定されました。「4チームが決勝に到達したことを祝福します。 FIFAは木曜日の声明で述べた。現在、男子ワールドカップでの地位を確保している3人。」

参加国を構成する他の2つのチームは、オセアニア、ニュージーランド、オーストラリアのトップチームです。

参加国の完全なリストは次のとおりです。

アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、チリ、イングランド、フランス、ドイツ、インド、日本、韓国、マレーシア、オランダ、ニュージーランド、南アフリカ、スペイン、ウェールズ。

(エアンセ)

READ  東京オリンピックは、日本が開会式でファンを禁止することを検討しているため、非常事態宣言の下で開催されます