Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、中国が通貨スワップの取り決めを3年間延長-日本銀行ロイター

©ロイター。 ファイル写真:2016年1月21日、中国の北京でのこの写真イラストには、日本の1,000円紙幣と中国の100元紙幣が見られます。REUTERS/ Jason Lee / File Photo

東京(ロイター)-日本と中国は、2018年に署名された通貨スワップ協定をさらに3年間延長し、2つの中央銀行間の現地通貨交換を最大2,000億元、つまり3.4兆円(300億ドル)で可能にしました。 日本銀行は月曜日に言った。

日銀は、「スワップ契約を利用することで、日本の金融機関が人民元の決済で予期せぬ困難に直面した場合に流動性を提供する準備が整い、銀行は日本の金融システムの安定を確保するために必要な流動性の提供を検討します」と述べた。声明で言った。

(ドル= 113.67円)

(この話は、最初の段落で、ドルの換算を386兆ドルではなく、300億ドルに修正します)

免責事項: フュージョンメディア このウェブサイトのデータは必ずしも最新または正確であるとは限りません。 すべてのCFD(株式、指数、先物)および外国為替価格は取引所ではなくマーケットメーカーによって提供されるため、価格が正確でなく、実際の市場価格と異なる場合があります。つまり、価格は指標であり、取引目的には適していません。 。 したがって、Fusion Mediaは、このデータを使用した結果として発生する可能性のあるビジネス上の損失について責任を負いません。

フュージョンメディア または、Fusion Mediaに関係する者は、このWebサイトに含まれるステートメント、見積もり、チャート、売買シグナルなどの情報に依存した結果として生じた損失または損害について責任を負わないものとします。 金融市場の取引に関連するリスクとコストを十分に認識してください。これは最もリスクの高い投資形態の1つです。

READ  日米が鉄鋼とアルミニウムの関税を解決するための交渉を開始