Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、人工知能とモノのインターネット技術も採用したメタノール燃料タンカーを進水

日本、人工知能とモノのインターネット技術も採用したメタノール燃料タンカーを進水

日本は初のメタノール燃料タンカーを進水させ、2025年初めに沿岸貿易に就航する予定だ。 Muti OSK Linesを含む日本企業のコンソーシアムによって開発されたこのプロジェクトは、日本初のこの種のプロジェクトであり、メタノール輸送の可能性を実証することを目的としています。

物の名前 大地三田丸この船は総排水量約560トンで、7月3日に伝統的な進水式が盛大に行われ進水式が行われた。 この船は長さ65.5メートルで、三菱向けにメタノールを輸送し、メタノール燃料を供給するように設計されている。 エンジンは阪神ディーゼル工業が開発した。 彼らは船が 11 ノット以上の速度で航行できるように設計しました。

このコンソーシアムは商船三井と商船三井内航海運および田渕海運株式会社で構成されています。 新居浜海運株式会社この船は村上秀造船グループの金刺重工業施設で建造されています。 同船は2024年12月に引き渡され、商船三井内航海運へのチャーターで運航される。

日本のメタノール燃料エンジンに加えて、この船には他の先進的な設計が施されています。 両社によると、「最先端の省エネ機器や自動運転・荷役支援システム」を搭載するという。

プロジェクト申請は2022年12月に提出されました。このプロジェクトは、日本の経済産業省と国土交通省の支援を受けました。 目標は、メタノールの開発をサポートするとともに、より効率的な船舶を開発するための人工知能とモノのインターネットの使用をサポートすることでした。

日本はメタノール導入の最前線にいます。 2021年、商船三井は経験を積み、メタノール市場に参加するため、メタネックス・コーポレーションのウォーターフロント・シッピング事業の少数株式を取得した。 いくつかの海運会社もメタノール二元燃料船を発注しており、その中には2024年6月に発注された日本の国内自動車輸送船が含まれており、これは三菱造船が建造する最初のメタノール船となる。

READ  ヒグマが日本で人工林を掘る