Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、南部地域に避難者への備えを要請

日本、南部地域に避難者への備えを要請

  • 文:Liu Tzu-hsuan / 特派員

京都通信社が月曜日に報じたところによると、東京は台湾海峡で戦争が起きた場合、日本南部の地域に沖縄県からの避難者を受け入れるよう要請した。

同通信によると、台湾本土と沖縄本島の間に位置する先島諸島の人々は、海峡を挟んで紛争が勃発した場合、県外へ避難しなければならない。

国民11万人、観光客1万人を含む推定12万人が避難した。

写真:ロイター

内閣官房で危機管理を担当する二谷幸史氏は、本州南端の山口県を訪れた。

越氏は県に対し、本州と沖縄の間にある九州各県との連携を要請した。

先月以来、東京都の当局者らは松野博一官房長官を含む九州の熊本県と鹿児島県を訪問している。

九州北部の福岡県政府は、そのような要請は受けておらず、現在準備もしていないと述べた。

九州各県は避難所や宿泊施設、救援物資などを手配する予定だ。

九州や山口に到着した避難者が空港や港で足止めされるのを防ぐため、避難に参加する都道府県は、避難者の移動や避難、食料、衣類、医薬品などの詳細な計画を立てる必要がある。

東京都は緊急避難者数の調査を今年末までに完了する予定で、来年までに初期避難計画を策定することを目指していると地元メディアが報じた。

日本はまた、台湾に最も近い省では初めてとなる避難訓練を3月に沖縄で実施するなど、台湾有事に備えるための他の措置を講じている。

日本経済新聞は先月、日本が軍事能力を強化するための改修候補として33の空港と港を選択し、特に台湾有事の際に使用できるインフラに重点を置いたと報じた。

CNAによる追加報告

コメントは検討されます。 コメントは記事に関連したものにしてください。 虐待や猥褻、個人攻撃や宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーは禁止されます。 最終的な決定は台北タイムズの裁量に委ねられます。

READ  ジャパンハウスはロサンゼルスのマスタークラスの料理を提供しています