Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、国立がん研究センターの医療設備改善を支援

日本、国立がん研究センターの医療設備改善を支援

ダウ・フン・ラン保健大臣と菅野雄一JICAベトナム事務所長は、ハノイの国立がん病院の医療機器改善プロジェクトに3,000億ドン(1,178万米ドル)を助成する協定に署名した。

調印式に出席したダウ・フン・ラン保健大臣と国際協力機構(JICA)ベトナム事務所の菅野洋一所長。 (写真: nhandan.vn)

5月28日の調印式でラン氏は、これまでのベトナムの医療分野への支援に対し、在ベトナム日本大使館、国際協力機構(JICA)、日本の専門家に感謝の意を表した。 彼女は、大使館と政府機関が病院が今後のプロジェクトを実施するのを支援することへの希望を表明した。

大臣は病院に対し、手続きを完了し、機器を受け取り、効果的に使用するために日本側および関係当局と緊密に協力するよう求めた。

ベトナムでは、毎年、非感染性疾患が死亡全体の 77% を引き起こしており、がんは主な死因の第 2 位にランクされています。

世界がん機関(GLOBOCAN)の推計によると、2022年にベトナムでは新たに18万人以上のがん患者が発生し、がんによる死亡者数は約12万人となった。

ベトナムプラス

READ  メンタルヘルスの影響/日本の中高年は陰謀論の餌食に