Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、墜落を受け航空交通管制を強化

日本、墜落を受け航空交通管制を強化

機内の乗客乗員379人全員はすぐに避難したが、小型飛行機の乗組員6人のうち5人が死亡した(リチャード・A・ブルックス)

東京の主要空港で火災が発生し5人が死亡したが、数百人が無事避難したことを受け、日本政府は航空交通管制を強化したと水曜日に発表した。

運輸省は1月2日、羽田空港の滑走路上で日本航空の旅客機と海上保安庁の航空機が衝突した事故を受け、緊急安全対策を発表した。

乗客乗員379人全員はすぐに避難したが、乗員6人のうち5人が地震被災地へ物資を届ける途中だった小型飛行機で死亡した。

全国的に施行されている新たな要件では、乗組員は滑走路進入が発生した場合に管制塔に警報を発する監視システムを常に監視する必要がある。

さらなる誤解を防ぐため、同省はウェブサイトにアップロードされた声明の中で、管制官は飛行機の離陸予定順序を明らかにすべきではないと述べた。

斉藤鉄夫運輸相は火曜日、「私の最大の任務の一つは、公共交通機関としての航空輸送の信頼を回復することだ」と述べた。

同省は安全性を向上させるさらなる方法を検討するために専門家委員会を設置し、その勧告は今週発表される予定だ。

同省が先週公表した通信記録によると、日航機は着陸を許可されたが、沿岸警備隊は滑走路手前で同機を停止するよう指示されたという。

管制官は沿岸警備隊の飛行機に「ナンバー1」、つまり離陸の順番に並んでいる飛行機を意味する「1番」と伝えた。

しかし、唯一の生存者である沿岸警備隊のパイロットは、飛行機が墜落の約40秒前に停止した滑走路に入る許可があると信じていたと述べたと伝えられている。

2機の飛行機の黒焦げの残骸は羽田の駐機場から撤去され、土曜日から空港の管制塔で増員スタッフが勤務するなど、運航は通常に戻った。

専任の職員が週末から羽田の警報システムを監視している。

運輸省の航空担当者はAFPに対し、「管制センターの職員はさまざまなことを監視しなければならず、警報システムをただ見つめているわけにはいかない」と説明した。

2023年までの10年間に、少なくとも23件の滑走路衝突の「重大インシデント」が運輸安全委員会によって報告されたと、朝日新聞が報じた。

同紙によると、5件のケースでは航空管制ミスが原因の疑いがあるという。

kh/kaf/mtp

READ  難民法が変わっても日本の難民との戦いは変わらない