Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、富士山展望台に観光客防止柵設置へ

日本、富士山展望台に観光客防止柵設置へ

日本の当局者は木曜、地元民に迷惑をかける無法な観光客を規制するため、人気の富士山写真スポットに高い金属製のフェンスが建設されると発表した。

近くの別の町では先月、コンビニエンスストアの裏から雪を頂いた火山がそびえ立つインスタグラムで有名な光景を遮るために黒いカーテンが設置された。

住民らは現在、富士山ドリームブリッジへの道は、日本最高峰の完璧な景色を求めて外国人観光客が頻繁に訪れると不満を漏らしている。

派手な名前とは裏腹に、この橋は川の上を走る普通の陸橋で、狭い舗装道路とは腰の高さのコンクリート壁で区切られている。

しかし、人々は2つの車線の間の空いているエリアに行くために道路を歩いて渡っている、と富士市の観光職員吉崎晴英氏は言う。

そこでは、写真を撮るためにポーズをとったり、ビデオのために回転したり、ただリラックスしたりすることができます。中にはスーツケースを持ち込む人もいます。

この危険な行為を抑制するために、当局はすでに低い金属製の足場を設置し、人々にタールで覆われた道路に近づかないよう警告する標識を設置している。

次に当局は、6月末までにその地域の周囲に高さ1.8メートル(5.9フィート)の金属メッシュフェンスを設置する計画だと述べた。

吉崎氏は、地元住民は「基本的なルールが守られる限り訪問者を歓迎する」と述べ、この措置により「地元住民の不満」が軽減されると付け加えた。

代わりに、より慎重な探索を奨励するために「観光カリキュラムを作成できるかもしれない」と彼は付け加えた。

インスタグラムや他のサイトには、結婚式の写真も含めた無数の写真に橋への歩道橋が登場しているが、それはある角度から見ると富士山につながっているように見えるからだ。

住民らは、観光客が静かな地区に違法駐車したり、遠くからパノラマの景色を眺めながら互いに怒鳴り合ったりしていると不満を漏らしている。

夢の橋ができて約10年が経つが、写真を求める観光客が11月から集まり始めたと吉崎氏は語った。

日本には多くの外国人観光客が訪れており、現地の写真がソーシャルメディアで拡散し、ここ数週間で観光客が急増している。

市は今週、地元住民の負担を軽減するため、橋に駐車場とトイレ施設を設置した。

一方、近くの富士河口湖町は、既存のコンビニエンスストアの隣にある黒いメッシュの柵をより強力な素材で建て直すことを計画している。

スクリーンにはポイ捨てや不法侵入、交通ルール違反を防ぐための小さな穴が多数開けられています。

こんにちは/カフ/rsc

READ  ウクライナ人力士、日本古来のスポーツに影響を与えることを目指す