Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、急激な円安に対して新たな警告を発令 ロイター通信

日本、急激な円安に対して新たな警告を発令 ロイター通信

文:杉山健太郎、木原ライカ

[東京 20日 ロイター] – 鈴木俊一財務相は木曜日、円が対ドルで38年ぶりの安値を記録したことを受け、日本の当局は通貨に関して必要な措置を講じると述べ、為替市場に介入する用意があることを示唆した。

鈴木氏は記者団に対し「為替相場は安定して推移することが望ましい。急速で一方的な動きは望ましくない。特に経済への影響を深く懸念している」と述べた。

同氏は「緊迫感を持って動きを注視しており、動きの背景にある要因を分析し、必要な措置を講じていく」と述べた。

林芳正官房長官も木曜日の記者会見で、日本は過度な為替変動に対して「適切な」措置を講じると述べた。 同氏は円水準や当局が介入するかどうかについてはコメントを控えた。

木曜の円相場は1ドル=160.52円に達し、水曜日に記録した38年ぶり安値の160.88円からはわずかに離れたままとなった。

トレーダーらは日米金利の大幅な乖離に注目しており、日本の当局は年初から対ドルで12%下落した円の急激な下落に対抗するよう新たな圧力に直面している。

重要な水準である160ドルを下回る円の急速な下落により、市場では差し迫った円買い介入の機会に対する懸念が高まっている。

みずほ証券のチーフ為替ストラテジスト、山本雅文氏は「現時点で当局は、介入しない限り、その速度だけでなく水準についても懸念し始めているのかもしれない。円相場が162円に向けて下落するリスクがある」と述べた。と研究ノートで述べた。

しかしアナリストらは、主に米連邦準備理事会(FRB)がどれほど早く利下げを開始するかについての不確実性を主因とする円安の波を、圧力、さらには介入で逆転させることができるかどうか疑問視している。

日本銀行は利上げが差し迫っているというシグナルを落としているが、現在のゼロに近い金融政策目標が短期的に引き上げられた場合でも、日本の借入コストは依然として非常に低く抑えられるだろう。

しかし一部のアナリストは、円安により日銀に対する7月30─31日の次回政策会合での利上げを伴う量的引き締め(QT)計画の発表に伴う圧力が高まる可能性があると指摘している。

新藤義孝経済産業大臣は木曜日、政府の月例経済報告を承認する会議の後に、政策当局者は円安が輸入コストの上昇を通じてインフレを押し上げるリスクに警戒する必要があると述べた。

記者団に説明した内閣府関係者によると、日銀の内田慎一副総裁は会合で「円安はインフレを押し上げる要因の一つであり、金融​​政策を誘導する上で為替の動きを注意深く監視していく」と述べたという。議論。

4月29日に日本の通貨が1ドル=160.245という34年ぶりの安値を付けた後、日本政府は4月末から5月初旬にかけて外国為替市場に介入するために9兆8000億円(610億ドル)を費やした。

(1ドル=160.4800円)

READ  日本経済省とNexiCorporationが協力のための覚書に署名