Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、教育と医療基金に76万ドルを助成

日本、教育と医療基金に76万ドルを助成

2月26日、日本の環境教育・保健事業支援に関する調印式が行われた。 日本大使館

日本政府は、カンボジアの幼児教育、環境教育、地域医療の改善を支援するため、総額76万ドル以上の補助金3件のプロジェクトを承認した。

草の根無償資金協力(GGP)プログラムに基づいて提供される資金の調印式が2月26日に行われた。 式典には上野淳大使のほか、助成金受益者の代表らが出席した。

最初のプロジェクトでは、ネイチャー センター レーズン (NCR) が、沿岸部のプレア シ​​アヌーク州にあるいくつかの幼稚園で実践的な環境教育を促進することを目的とした活動を実施します。 このプロジェクトは、経済成長に伴い悪化する環境問題に対処することを目的としています。 その目標は、子供たちとその親たちの自然との共生を促進することです。 NCR は 160,140 ドルの助成金を受け取りました。

第 2 フェーズでは、シャンティボランティア協会 (SVA) は、幼い子どもたちをサポートし、都市部と農村部の間の教育格差を解決する、物理的かつ人道的な学習環境の構築を目指しています。 SVAプログラムは遠隔地のオダー・メンチェイ郡にある公立幼稚園を対象としており、41万4,756ドルを受け取っている。

3 番目のプロジェクトでは、193,731 米ドルが国際開発救済財団 (FIDR) に寄付されました。 彼らは、クラチェ地域紹介病院の能力と指導力を拡大し、地域の外科センターとして機能できるようにすることで、カンボジア北東部の病院と保健センター間の協力関係を改善するつもりです。

さらに、地区の病院や保健センターも正確な診断を下し、患者を高レベルの病院に紹介できるようにするための訓練を受ける予定だ。

式典の中で、上野大使は、日本政府は2002年以来、多くの発展途上国の社会経済開発プロジェクトに対して日本の非政府組織に援助を提供していると述べた。

「カンボジアの急速な発展を嬉しく思います。しかし、人々の生活の質を向上させるためには、まだいくつかの課題を解決する必要があることも認識しています。日本政府はこれらの問題の解決策を見つけることに貢献できることを誇りに思います。」と彼は付け加えた。 。

NCR代表の岩間美代子氏は、プロジェクトの枠組みの中で就学前環境委員会が設立され、日本人トレーナーが教師に専門的な研修を提供すると説明した。

「私たちはまた、幼稚園のキャンパスにゴミ箱を設置し、木や花を植えることによって環境状況を改善することも目指しています。また、堆肥箱などの教育ツールも提供する予定です」と彼女は付け加えた。

SVA代表の菊地彩乃氏は、教育雰囲気を改善することで質の高い教育へのアクセスを改善することを目指していると語った。

「私たちは、教育戦略計画2019-23に規定されているように、質の高い平等な就学前教育へのアクセス促進に貢献したいと考えています」と彼女は付け加えた。

FIDRカンボジア国代表のサイキ・カザト氏は、この資金は地域の紹介病院や保健センターのスタッフにスキルと知識を高める動機を与えると述べた。

同氏は、「私たちの目標は、患者がどこに住んでいるかに関係なく、迅速かつ適切な治療を受けられるようにすることです」と説明した。

2002年以来、日本はカンボジアの156のプロジェクト、特に初等教育、保健、農業、地雷除去の分野に5,400万ドル以上を提供してきました。

READ  SpaceX Falcon 9 Intelsat 40e (TEMPO)