Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、独占を理由にハイテク大手に巨額の罰金を課す

日本、独占を理由にハイテク大手に巨額の罰金を課す

テクノロジー


東京、4月15日(時事通信) – 日本政府は、テクノロジー大手によるスマートフォンアプリやその他の製品の独占を防止するための法案に基づき、国内の関連歳入の20%に相当する罰金を課す予定であると関係者が月曜日に明らかにした。

政府は新規参入を阻止していると判明した企業に科す6%の罰金よりも厳しい罰則を課すことで、グーグルやアップルなど巨額の収益と利益を誇るハイテク大手に対する規制をより効果的なものにしたいと考えている。

この法案はハイテク大手に対し、独自のアプリストアと決済システムの開設を義務付ける一方、自社サービスの優遇オファーを禁止している。 企業がこうした規制を無視し続けた場合、違反が見つかった地域では罰金が地方収益の30%に引き上げられる。

政府は来年6月に閉会予定の今国会中に法案を承認することを目指している。

ハイテク大手は現在、スマートフォンのオペレーティングシステムとアプリストアを完全にコントロールしている。 政府は競争を促進し、新規参入者によるサービス料金の引き下げを促すため、関連規制を強化することを目指している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  PS5 Restock Update Today-Twitter、Best Buy、Targetなどで今すぐ追跡