Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、米国、インド、パキスタンの国民が人種プロファイリングを巡り警察を提訴「彼らは私を犯罪者だと思っている」

日本、米国、インド、パキスタンの国民が人種プロファイリングを巡り警察を提訴「彼らは私を犯罪者だと思っている」

パキスタン出身の男性を含む日本国民のグループは月曜日、警察を相手に民事訴訟を起こし、警察官らを人種プロファイリングと差別で告発し、その行為の停止を要求した。

原告3人のうちの1人、パキスタン系日本国籍のサイード・ゼインさん(26)は、自宅前の捜索などで何度も警察に呼び止められたと語った。 彼は日本に20年住んでおり、日本の学校に通い、日本語が流暢であると語った。

「彼らは私たちを日本人として認識していない」と彼は警察について語った。 「最初の瞬間、彼らは私が犯罪者だと思うでしょう。」

原告3人は、「違憲かつ違法な」治療に対する懲罰的損害賠償として各300万円(2万米ドル)と、原告1人当たり弁護士費用として30万円(2千米ドル)を求めている。

仕事が終わるたびに家に隠れたくなる

マシュー、訴訟の原告

「民族プロファイリングは人種、国籍、肌の色に基づく差別にほかならない」と彼らの声明は主張している。

もう一人の原告の一人、マシューさんはインド系永住者で日本に20年以上住んでおり、警察から何度も取り調べを受けたと述べた。 また呼び止められるのではないかと、外出するのが怖くなったという。

「最近までソーシャル・ディスタンシングが何なのか知りませんでした」と彼女は言い、迫害を恐れて姓を明かすことを拒否した。

「仕事が終わるたびに、家の中に隠れているような気分になります。」

日本の人口減少に伴い、東京都民の25人に1人が外国人

姓を明かさなかったアメリカ人のモーリスさんは、日本人の間でこの問題への意識を高め、他の人々の生活を楽にしたいと語った。

「私はそれらが欲しいです [Japanese people] これが日常的な出来事であることを理解するには、これを防ぐために何かをしなければなりません」と彼は語った。

告発対象は政府と国、東京、愛知県警。 当局からは直ちにコメントは得られていない。

原告らは、理由なく警察に呼び止められることは、法の下の平等を定め、人種に基づく差別を禁じる日本国憲法に違反すると主張している。 また、これは日本が締結した国際協定に反するとも主張している。

サイード・ゼインさん(左)と他の原告2人は月曜日、警察の人種差別撤廃を求めて日本の裁判所に民事訴訟を起こした。 写真: A.P

3人組の代理人弁護士の一人、谷口元樹氏は、外国人や非日系日本人が警察の標的になるのではないかとの懸念から、政府を訴追するのは困難だと述べた。

「民族プロファイリングは人種、国籍、肌の色に基づく差別にほかならない」と彼らの声明は主張している。

この事件の裁判は1年続く予定だ。

深刻な人手不足の中、外国人労働者への依存が高まる日本の

この訴訟は東京地方裁判所で審理されるが、近年、海外から日本への労働者の流入が見られる。 日本に住む外国人の数は昨年、300万人近くに達しました。

原告側の弁護士によると、この種の訴訟は日本で初めてであり、高齢化と人口減少に伴い日本に来る外国人労働者の数が急増する中、労働力不足を食い止めるのに役立つだろう。

先週、ウクライナ生まれで日本に帰化した女性がミス日本に選ばれたことを受け、日本人であることや日本人に見えることの意味について新たな議論が巻き起こっている。

02:24

「日本人らしさのかけらもない」:外国生まれのミス日本がアイデンティティ論争を巻き起こす

「日本人らしさのかけらもない」:外国生まれのミス日本がアイデンティティ論争を巻き起こす

慶応義塾大学経営学教授の内田大介氏によると、最近日本では多様性を高める取り組みが強化されており、女性役員を登用する企業や外国人代表を擁するグローバル企業が増えているという。

「始まりはまた小さな一歩にすぎない」と彼は言った。

告発対象は政府と国、東京、愛知県警。 当局からは直ちにコメントは得られていない。

READ  政府がガイドラインを緩和した後、日本のマスク販売は約30%減少しました:東芝の分析