Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、米国は1月に2プラス2の会談

日米両国は1月上旬、ワシントンで外相・国防相と会談する。

日本政府筋によると、林芳正外相と岸信保国防相は、1月7日にアントニー・ブリンケン米国務長官とロイド・オースティン国防長官と「ツープラスツー」会合を開くために会談している。

日本政府は、予定されている会合を利用して、二国間の安全保障協力を深めることを望んでいる。

日本の当局者は、中国の海洋活動の増加に関する懸念を米国と共有し、台湾海峡の平和と安定の重要性を再確認したいと考えています。

当局は、日本が米軍を国内に駐留させるための高額な費用を負担することを確実にすることを計画している。

日本は、コロナウイルスの流行や気候変動などの世界的な課題について話し合い、米国とのこれらの問題への一致した対応を示すことを望んでいます。

3月の東京では、日米がジョー・バイデン大統領就任以来初めての「ツープラスツー」会議を開催した。

彼らは今年の終わりまでに別のラウンドを開催することを検討しています。 しかし、日本の情報筋は、両国が政治計画の問題を抱えているため、今はそうするのは難しいと言っています。

READ  パンストを履いて、江戸時代から日本の食通で人気の逆さまの卵を作りましょう