Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、需要低迷を受けて10カ月ぶりに経済見通しを下方修正

日本、需要低迷を受けて10カ月ぶりに経済見通しを下方修正

東京(共同通信)–日本政府は水曜日、同国経済の評価を10カ月ぶりに引き下げ、緩やかに回復しているものの、国内需要の低迷により「部分的に失速しているようだ」と述べ、今後の懸念材料となっている。新たなインフレ。 救済措置が実施されている。

主要項目の中で、内閣府は設備投資に関する見方を引き下げたが、これはほぼ2年ぶりの措置であり、最近の回復は世界経済、特に中国の減速が一因で「停滞」していると月報で指摘した。

最新の評価は、日本経済が7月から9月期に3四半期ぶりの縮小を記録し、内需の重要な指標である設備投資と個人消費が減少し、GDPが実質年率2.1%で減少したことを受けて発表された。輸出が減少する。 成長は鈍化した。

政府は10月の時点で6カ月連続で景気が「緩やかなペースで回復している」と述べていた。

国会審議は今週、家計への物価上昇による苦痛の軽減と生活費危機の経済運営を目的とした経済対策に資金を提供するため、来年3月に終了する会計年度の13兆2000億円(890億ドル)相当の追加予算に関する審議が始まった。 長期的な成長軌道へ。

企業収益は好調で、日本企業は2023年度に向けて強気な投資計画を立てているが、それが設備投資の急速な伸びにはまだつながっていない。 これまでは企業支出に関する見方は2021年12月に引き下げられていた。

内閣府は11月に他の要素についての評価を維持した。

個人消費は、日用品の価格上昇が需要を圧迫し、消費者の倹約傾向が高まっているにもかかわらず、サービス需要の回復が続いていることに支えられ「増加傾向」にある。

報告書は、鉱工業生産と輸出の両方が「回復」の兆しを示していると述べた。

政府は海外金利の大幅上昇や中国経済の減速の影響による経済の下振れリスクを引き続き警告した。

同庁は「物価上昇、中東情勢、金融・資本市場の変動に十分な注意を払う必要がある」としている。

円安が続くと、資源に乏しい日本を犠牲にしてエネルギー輸入コストが上昇し、そのコストが消費者に転嫁されることが予想される。

最近まとめられたインフレ緩和策に基づき、政府は消費者の燃料費を引き下げるための既存の補助金を来春まで延長する。 日本のインフレ率は、エネルギーや原材料価格の上昇による支えの勢いが失われ、ピークから低下した。

政府は世界経済について「一部の分野で弱さはあるものの回復している」との評価を維持した。

READ  貿易主導の回復の恩恵が高まったため、日本の輸出は10年で最も増加した。