Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、17年ぶりに利上げ – Global Republic

日本、17年ぶりに利上げ – Global Republic

黒田経済 | 画像:黒田経済

黒田経済の終焉: 2022 年 3 月 10 日、Brandywine Global のアソシエイト ポートフォリオ マネージャー兼シニア リサーチ アナリストである Carol Lay は、次のタイトルのレポートを発表しました。 「眠れる日本の巨人を目覚めさせる」 彼は日本のインフレは構造的に弱いと書いた。 「この弱さの理由は十分に文書化されている。人口の高齢化が不利な点であり、テクノロジーの進歩が生産性を向上させながら賃金を低水準に維持するのに役立っている」とライ氏は述べた。

金利は2024年3月19日まで引き下げられた。春闘交渉の数日後、日銀は1999年以来マイナスかゼロ付近で推移していた短期金利の方向性を定める会合を開催した。 、日本銀行は初めて金利を引き上げず、マイナス金利政策を放棄した世界で最後の国となっただけではありません。

日銀は7対2の投票により、短期金利を0─0.1%に引き上げることを決定した。 専門家によると、世界最後のマイナス金利制度の終焉は、今年の大幅な賃金上昇(春闘)の初期の兆候によって引き起こされたという。 さらに、マイナス金利制度を廃止するだけでなく、2018年に元日銀総裁の黒田東彦氏が導入した10年物国債に対するイールドカーブ・コントロールのための異例の金融政策課税(YCC)も廃止される。 2016 年 9 月。

シュントゥ – 金利上昇につながる

日銀は3月にマイナス金利政策を解除する主な理由の一つに春東を挙げた。 日本語では「春闘」が70年前に登場しました。これは、毎年春に労働組合と企業の間で次年度の賃金や賞与を決める労使交渉を意味します。

SBIエコラップのレポートによると、興味深いことに、日銀理事会が8年イールドカーブ・コントロールから断固として離れるために取った重要なシグナルの1つは、実際に日本の有名な春季賃金決済(SHUNTOとして知られる)による積極的な賃金決済の明確な兆候であったという。 。 それ以来。 1955年。この年の汕頭交渉は、過去33年間で最高となる5.28パーセントの賃金上昇をもたらした。 昨年の賃金上昇率は3.80%だった。 賃金の驚くべき急速な上昇により、日本銀行はコラドノミクス政策から逸脱するようになりました。

日本の超緩和金融政策決定会合を主導した男

それは、2013年3月に日銀総裁に就任した黒田東彦氏の下で、日銀は経済成長とインフレを刺激するために非伝統的な金融政策手段を導入した。 オックスフォード大学で聴衆を前に、黒田総裁は2017年6月にこう語った。「私は2013年3月に日本銀行総裁に就任し、直ちに金融政策体制、つまり量的・質的金融緩和(QQE)を導入しました。 . これまでのシステムとはまったく異なります。」

「日本銀行は、世界的な金融市場の混乱による強い逆風に対処するために、2016年1月にマイナス金利政策を導入しました。マイナス金利政策は、短期金利を押し上げることで、イールドカーブ全体にわたって金利にさらなる低下圧力をかけることを目的としています」黒田総裁は、「日本国債の広範な購入と相まって、利回りは低下している」と述べた。

その後、2016 年 9 月に、日本銀行は、量的金融緩和の実施以降の経済活動と物価の動向および政策の影響についての包括的な評価を実施しました。 その結果を踏まえ、同銀行は、短期金利に加えて長期金利を運用目標とするイールドカーブ・コントロール制度を導入した。 しかし、イールドカーブ全体で名目金利を低下させ、インフレ期待を高めることで実質金利を低下させるという基本的な考え方は変わっていない。

日本銀行総裁 上田和夫

さて、それは 第32代日本銀行総裁の上田和夫氏は、賃金の伸び率が予想を上回ったり、過去33年間で最高となったことを受けて、2024年3月にマイナス金利政策を放棄した。

日本のデフレ冬眠

あるアナリストによると、日本経済をデフレの眠りから目覚めさせることは、日銀にとって長くてもどかしい仕事であったという。 政策立案者は、持続的なプラスの価格圧力を刺激するために、大規模な資産購入からマイナス金利まで、幅広い非伝統的な手段を採用してきましたが、その成功は多くの場合短命に終わりました。

1990年以降、日本経済が長期にわたるディスインフレに陥り、経済成長を回復させて以来、長期上昇の時代において、日本銀行はより長期間にわたって低水準のスタンスを維持してきた。そのため、世界が高いインフレ率に苦しんでいるときに、日本は低インフレに苦しんでいる。 数十年にわたるインフレ、低成長、デフレ。

振り返ってみると、1960年から1980年にかけて米国を上回る経済成長を遂げた国が、1989年の株式市場暴落の後、「失われた10年」と呼ばれる前例のない経済の停滞、縮小、低成長を経験したことは興味深い。ブルームバーグによれば、1999 年から 2005 年までインフレ率はマイナスであり、日本銀行が初めてゼロ金利政策を開始したのは 1999 年でした。ブルームバーグによると、日本では 6 年間金利がゼロ以下のままでした。年、-0.1%。 1995年以来0.5%を超えたことはない。

READ  首相が圧力をかける中、日本の企業経営者らは賃金引き上げを求めると約束