Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、5000万線量の職場用ワクチンを発売

東京 – 日本は、月末までに予想される5000万の余剰を使用して、6月21日から一般市民へのワクチン接種を開始する企業と大学をリストしています。

企業のクリニックで働く医師は、スタッフに映像を提供する権限が与えられます。 7万人の従業員を抱えるトヨタ自動車は、独自のワクチン接種プログラムを開始することを検討しているとナイキに語った。

日本はこれまで、医療従事者や高齢者へのワクチン接種を優先してきました。 しかし、6月末までに両グループが必要とするよりも5000万回以上多くの投与を受けることになっているため、政府は学校や企業の医師の助けを借りて、64歳から12歳までのビジュアルを提供し始めることを目指しています.

日本の保健省は、大学や機関での予防接種にModerna Shotを使用するよう自治体に要請しました. 受給者は、現在、ワクチンの取得に必要な地方自治体が発行したチケットを提示する必要はありません。

日本は 5 月以降、ワクチンの輸出が増加しています。 6 月末までにファイザーから 1 億回、モダーナから 4,000 万回のワクチンを受け取る予定です。これは、500 万人の医療スタッフと 3,600 万人の 65 歳以上の人々にワクチンを接種するのに十分な量です。

政府高官は「6月中旬には輸出がさらに増加する」と述べた。 日本は、9月末までに全人口に十分なワクチンを提供することを目指しています。

1,000 人以上の従業員を抱える日本企業のうち、約 1,900 人が常勤の医師を雇用し、約 140,000 人がパートタイムで働いています。 すでに多くの従業員がインフルエンザワクチンを従業員に投与しており、コロナウイルスワクチンはスムーズに排除されることが期待されています。

政府は、これらの企業は従業員とその家族にワクチンを接種するべきであり、大学は職員と学生にワクチンを接種する必要があると考えています。 Latitude は、サイズを管理する担当者を決定するために、各会社に提供されます。

すでに多くの企業が生産を開始しています。 JR東日本は、「医療施設を利用して従業員にワクチンを接種する」ことを検討していると述べ、ラグデングループは「政府から必要な情報を受け取り次第、ワクチンを開始する準備ができている」と述べた。

日本ユーセン、日本航空ソニーグループ、コマツ、イドチュウ、セブン&アイ・ホールディングス、三菱ケミカルは、それぞれ独自のワクチンドライバーを計量している。

住友電気工業の松本正義社長兼関西経済連合会会長は、「労働者は年次試験中に予防接種を受ける可能性が高いため、休暇を取る必要がない」と語った。 政府は常勤の薬を持っていない中小企業に対し、地元の商工会議所を通じてワクチン接種の取り組みを調整するよう求める。

コロナ ウイルス ワクチンは、現在、管理施設または国防軍がサービスを提供する全国的に監視されている場所で局所的に投与されています。 しかし、一部の自治体は、人員不足、超低温貯蔵施設からワクチン接種済みの場所への配送の遅延、その他の物流の障壁により、供給不足に追いつくのが難しいと感じています。

月曜日の時点で、日本全国の977万人が少なくとも1回のワクチン接種を受けており、医療従事者の95.6%と高齢者の13.9%が含まれています。

READ  地震情報:中程度のMac。 5.7地震-フィリピン海、日本、2021年4月24日00:16:22.63