Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、CCS 技術とその能力を強化するための新法案を可決 • 炭素クレジット

日本、CCS 技術とその能力を強化するための新法案を可決 • 炭素クレジット

5月17日、 日本 参議院は二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術のビジネス環境を強化するための新法を可決した。 どれでも カーボンニュートラル社会の実現には極めて重要です。 この法案は本会議で過半数の支持を得た。

政府に押し付けられる さまざまな規模の産業から二酸化炭素を回収し、地下に貯蔵することを促進するための企業向けの許可制度の導入 この措置は、 日本 2050 年までに炭素排出実質ゼロを達成するための広範な戦略。

経済産業省(METI)の役割

CCS プロジェクトを可能にするビジネス環境を促進すること、および 経済産業省は許可制度を創設する。 掘削と探査作業をカバーします 権利、 貯蔵会社と CO2 パイプライン輸送会社向けの労働および安全規制の策定。 CCSサイトでの試掘許可は当初4年間有効である。 経済産業省は適切な地層貯留地域を指定する特定の地域オペレーターに要求し、ライセンスを受けたオペレーターに探査および保管の権利を付与します。

そして特筆すべきことは、 法案でCCSが明記されるのは今回が初めてだ スタッフ’ 権利と規制要件。新法案のハイライト 私たちは:

CCS の所在地と営業許可

  1. 適切な領域を特定する: 適切な領域を特定します。 二酸化炭素(CO2)は地下に安全に貯蔵できる
  2. CCS ビジネス許可の付与: 公募プロセスを通じて企業を特定し、CCS プロジェクトを運営する許可を付与します。

ライセンスを受けたオペレーターは、 与える

  1. 探査掘削権: これらの権利により、企業は掘削を行い、地層が二酸化炭素の貯蔵に適しているかどうかを確認することができます。
  2. 保管権: これらの権利により、捕捉された二酸化炭素を地下に物理的に保管することが可能になります。

義務と責任

法律は企業にいくつかの義務を課しています。

  1. 監視: 企業は二酸化炭素の漏洩を常に監視する必要があります。
  2. 事故に対する責任: 漏洩が過失によるものか故意によるものかにかかわらず、企業は賠償責任を負います。

CCS事業の事業者は、その実施計画について経済産業大臣の認可を受けなければなりません。 貯蔵された二酸化炭素が安定すると、 鉱物・エネルギー安全保障機構(JOGMEC)がプロジェクトを管理する。 その間の補償はオペレーターが責任を負います。 故意、過失を問わず事故。

水素サポートシステム

CCS法に加え、支援制度を整備する法律も参議院で可決されました。 このシステムは、水素と天然ガスの価格差を縮め、次世代の実行可能なエネルギー源としての水素を促進することを目的としています。

この包括的なアプローチは、二酸化炭素の回収と貯留を通じて炭素排出を削減する日本の取り組みを強化します。 に沿って、水素エネルギーの幅広い導入をサポートします。 長期的な環境目標。

日本はグリーントランジション(GX)政策のもと、二酸化炭素回収を推進している。

日本 新たに採択された法律は、カーボンニュートラル経済を達成するために極めて重要です。 そのこと 昨年から実施されているグリーン・トランジション(GX)政策の延長です。

2023年2月に発表され、2023年7月に承認されました。 日本 GX政策は財政措置と政策措置を組み合わせたもので、その規模は1兆ドル(150兆円)に達する可能性がある。 この政策は、経済成長と環境の持続可能性のバランスを達成するための今後 10 年間のロードマップを提供します。

日本 岸田文雄首相はこう述べた。

「まず第一に、グリーン・トランジション(略してGX)は、単に化石エネルギーからの移行を意味するものではなく、2050年までのカーボンニュートラルという目標の達成に向けて、エネルギー、すべての産業、経済、社会における大規模な改革を実行することを意味します。この目的のために、私は日本が 2030 年度までに温室効果ガス排出量を 46% 削減するという非常に挑戦的な国際公約を行っていることを紹介しました。」

写真: 苫小牧CCSパイロットプロジェクト~ 日本 最初のフルチェーン炭素回収・貯蔵プロジェクトでは、2016 年から 2019 年にかけて、日本の北海道の沿岸石油精製所から二酸化炭素を回収・貯蔵しました。

日本CCS出典: 国際エネルギー機関

国際エネルギー機関 (IEA) の計算に基づいて、

  • 日本の推定年間 CCS 貯蔵容量は、2050 年までに 120 ~ 240 トンになる可能性があります。目標は、2030 年までに最初の商業 CCS プロジェクトを稼働させることです。

これらの法的措置を強化することで、日本は炭素回収・貯蔵と低炭素水素のための強固な枠組みを構築し、脱炭素化目標と長期的な経済成長を支援することを目指している。

これらの法律を制定することにより、日本は持続可能な炭素フリーの未来に向けて重要な一歩を踏み出し、その恩恵を受けています。 両方とも 気候変動を緩和するための炭素回収・貯蔵技術と水素エネルギー。

READ  日本は選挙前に成長戦略を優先する