Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本からの新しい太陽光発電水素技術-InternationalPV Journal

さらに、ロシアの2つの主要企業が水素製造計画を発表し、ポルトガルのEDPは、ブラジルにグリーン水素プラントのパイロットプロジェクトを立ち上げたいと述べています。

日本新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 人工光合成化学プロセス技術研究会(ARPChem)は、東京大学、藤フィルム、トト、三菱化学、信州大学、明治大学と協力して人工光合成システムを導入しています。 「世界で初めて開発され、実証されました。2スケールの光触媒水分析プレート反応器と水素/酸素ガス分離ユニットを接続する光触媒プレート反応システム。テストは成功しました」とNEDOの先週の声明は述べています。 2019年8月、パートナーは、屋外の自然光の下で光触媒パネル反応システムのパイロットテストを開始し、水分解によって生成された水素-酸素混合ガスから高純度の太陽水素を分離しました。 研究の結果は先週、科学雑誌の電子版で発表されました 気性の性質。 「飽和アルミニウム飽和チタン酸ストロンチウム粒子の修飾光触媒に基づく1平方メートルのプレート反応器システムの以前のデモンストレーションを拡張するために、ここでは、数か月にわたる100平方メートルのプレート反応器のアレイの安全な操作を報告します。ウェットガス製品混合物からの水素の自己回収を伴う。市販のポリイミド膜を使用する」と同紙は述べている。 「回収された水素を意図的に点火した際の安全性、耐久性、および損傷のない生存のために改善されたシステムは、0.76%の最大STHに達します。」 研究者らは、水素製造は一般に非効率的でエネルギーに対して受動的であると述べましたが、彼らの調査結果は、水分解、ガス収集、および安全で大規模な分離のシステムが可能であることを示しています。 彼らはさらに、「技術を経済的に実行可能かつ実現可能にするために不可欠な次のステップは、反応器とプロセスを最適化してコストを大幅に削減し、太陽から水素(STH)効率、光触媒安定性、ガス分離効率を改善することです」と説明しました。

ロシアで2番目に大きい天然ガス生産者であるノバテク、国際協力銀行(JBIC)と低炭素プロジェクトに関する戦略的協力協定を締結しました。 「両当事者は、水素とアンモニアの生産、炭素の回収、使用、貯蔵技術のプロジェクト、およびヤマル半島でのアンモニアと水素の生産プロジェクトを含むロシアの再生可能エネルギープロジェクトに協力するつもりです」と、木曜日。 1994年に設立されたノバテクは、ヤマルプロジェクトで2017年に世界のLNG市場に参入しました。 ノバテクのレオニード・ミケルソン大統領は、ウラジオストクでの東方経済フォーラムで言及した。 「この戦略的協力協定は、日本企業や金融機関と協力して低炭素ソリューションを開発し、投資を呼び込み、最新の機器や技術のサプライヤーを拡大する機会を提供します。」 エネルギー部門はフォーラムで重要な役割を果たしました。 日本の影山産業相はまた、ロシアのニコライ・シュルギノフエネルギー相と水素とアンモニアの生産に協力する協定に調印した。 ロシアのエネルギー副大臣であるパベル・ソロキン氏は木曜日に、「この国で利用可能なすべての埋蔵量を活用することも非常に重要である」とコメントした。 水素はロシアのエネルギー部門全体の監視下にあります。

Rusatom、の子会社 ロシアのRosatomNuclear Energy Corporation、今後数年間でサハリン地域で水素範囲を立ち上げる予定です。 「私たちの現在の計画には、2024年までに年間3万トンの水素の生産量に達することが含まれています」と、中国、日本、韓国との関係強化を目的としたフォーラムで、Rosatom for Marketing and BusinessDevelopmentの外部副社長であるAntonMoskvinは述べました。 とベトナム。

ブラジルのセアラ州知事、カミーロサンタナ、および子会社であるEDPブラジルの取締役会 ポルトガルのEDP、ベッセム港のグリーン水素プラントのパイロットプロジェクトで、ガスの生産能力は250 Nm3 / hです。 「2022年12月に操業を開始することを想定して、それは4190万レアルの総投資を引き付けるでしょう」と水曜日に発行されたメモを読みます。 Ceará政府によると、このプロジェクトは国内初のグリーン水素プラントになります。 「PecémIndustrialandPortComplex(CIPP)に設置され、3メガワットの容量と、再生可能資源が保証された燃料を生産する最先端の電解槽ユニットを備えた、グループ初のプラントになります」と政府は述べています。北東大西洋岸の州から言った。 EDP​​のCEO、Joao Marques da Cruzは、このプロジェクトは国際市場も対象としていると付け加えました。 このプロジェクトには、グリーン水素の生産チェーンとビジネスモデルの研究が含まれます。 現在、ブラジルで発表されたプロジェクトのほとんどは、2024/2025年に操業を開始する予定です。

巨大なアメリカの建設機械キャタピラー 2021年後半に、完全に再生可能なグリーン水素を含む100%水素で稼働できる発電機セットの提供を開始すると発表しました。」同社はすぐに、稼働するように構成できる市販の発電ソリューションを発売します。ガス上。最大25%の水素と混合された天然ブレンド」と同社が水曜日に発表したメモを読んでください。 建設および採掘設備の世界有数のメーカーは、そのガスタービン発電機セットのいくつかは数十年にわたって高水素混合物で稼働しており、すでに100%水素で稼働できると述べています。

米国を拠点とするニコラゼロエミッションモーターカンパニー そしてドイツの産業グループボッシュグループ ボッシュからライセンス供与された技術を使用した燃料電池パワーユニットの使用について、ニコラと契約を締結しました。 焦点はニコラシリーズ7および8燃料電池電気自動車(FCEV)にあります。 合意に基づき、ボッシュは、アリゾナ州カレッジの製造施設でニコラが組み立てるために、完全に組み立てられた燃料電池パワーユニットと、燃料電池アセンブリを含む主要コンポーネントの両方をニコラに提供します。木曜日に発行されたメモに記載されているように、アセンブリのコンポーネント。 燃料電池パワーユニットは2023年に発売される予定で、最初のアプリケーションはクラス8地域の長距離Nikola TreFCEVです。 車両は、200kWおよび300kW構成の一般的な燃料電池パワーユニットを使用するように計画されました。 「ニコラトレFCEVは、ドイツのウルムにあるイヴェコとのニコラトレFCEV合弁会社で計画されている車両製造をサポートするのと同じ燃料電池パワーユニットを使用して、欧州連合でも発売されます。」

ドイツ航空宇宙センター(DLR) ケルンを拠点とするエンジンメーカーのDeutzと提携して、オフロード車向けの新しい水素ベースのソリューションを開発しました。 両当事者は先週、農機具と機械を生産する契約に署名しました。 Deutzの最高技術責任者であるMarcusMullerは、次のように述べています。

このコンテンツは著作権で保護されており、再利用することはできません。 私たちと協力し、私たちのコンテンツの一部を再利用したい場合は、editors @ pv-magazine.comまでご連絡ください。

READ  テスラがヒューマノイドロボットを開発