Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本がカザフスタンを破りイングランド2025出場権を獲得

日本がカザフスタンを破りイングランド2025出場権を獲得

サクラ15ズはキングスパークスポーツグラウンドで10トライを奪い、6度目となるアジアラグビー女子選手権のタイトルと、女子ラグビーワールドカップ2025とWXV 2 2024への出場権を獲得した。

日本は香港で開催された2024年アジアラグビー女子チャンピオンシップでカザフスタンに64対0で勝利し、2025年女子ラグビーワールドカップへの出場権を獲得した8番目のチームとなった。

サクラ15ズは先週水曜日、開催国の香港中国を破ってタイトル防衛を開始し、圧倒的なパフォーマンスで10トライを奪い、キングスパークスポーツグラウンドでアジア6度目の栄冠を獲得した。

日本はフライハーフの大塚彩紗が活躍し、1トライ、7コンバージョンで19得点を挙げて試合を終えた。

これは、日本が南アフリカで開催されるWXV 2 2024とイングランドで開催される2025年のチケットを予約したことを意味し、レッドローゼズ、ニュージーランド、フランス、カナダ、アイルランド、南アフリカ、アメリカはすべて、来年の注目のトーナメントへの出場権を確保する準備ができている。

「良い結果が得られた。彼らに集中するのではなく、自分自身と自分たちがやっていることに集中した」と日本代表キャプテンの永田彩葉は語った。

“そうだった [part of the] ラグビーワールドカップに向けてのプロセスですが、私たちはチームをより高いレベルに引き上げるために努力を続けなければなりません。

によると –

アジアラグビー女子選手権は土曜日、香港中国とカザフスタンの対戦で閉幕する(現地時間18時30分、GMT+8)。

この試合の勝者はドバイで開催されるWXV 3への準優勝権を獲得し、2025年女子RWCへの日本出場の望みを繋ぎとめる。

昨年の決勝でカザフスタンと対戦し72-0で勝利した日本は、この試合も同様に優雅なスタートを切り、開始8分間で2トライを奪った。

ルーズヘッドのプロップ加藤幸子選手が、至近距離からドリルオーバーを決めてトライラインに立った最初の日本人選手となった。

さくら15sが相手にプレッシャーをかけ続ける中、クリアキックの試みを広津遥香選手がカットし、こぼれ球を拾って点差を落とした。

フライハーフの大塚選手が両方のトライを決め、スクラムの動きにも絡み、17分にナンバー8永井彩乃選手が再び転倒するお膳立てをした。

第1クォーターが終わりに近づくにつれ、タチアナ・ダダヤノワが危険なタックルで退場となり、カザフスタンは14人となった。

それが気まずい10分間の混乱を引き起こし、双子のアンナと一緒にプレーしていた日本の2列目の吉村大高とカザフスタンのウインガー、アレナ・メルニコワも主審のサニー・リーによってイエローカードを提示された。

観戦 – 日本対カザフスタン – マッチ 2 | アジアラグビー女子チャンピオンシップ2024

前半残り10分で通常のサービスが再開されたが、キャプテンの永田が自ら問題を起こし、ペナルティでラインを越えた。

このシュートでボーナスポイントが決まり、ハーフタイムのホイッスルまであと5点で、桜子がゴールを決めた際にエヴァ・ベッカーがタックルのペナルティを科せられた。

後半、日本は調子を取り戻すのに時間がかかったが、カザフスタンの守備は53分まで堅守を保ったが、吉村がハーフタイムでの素早い思考が功を奏した。

3分後、途中出場のプロップ峰真奈美選手がスクランブルオーバーし、サクラ15ズがこの試合最高のトライを決め、試合は最終クォーターに突入した。

安藤奈緒はチームの素晴らしい動きを刺激し、カザフスタンのディフェンスを分断し、スクラムハーフの安部めぐみにパスを送り、安部がその下で反応して得点した。

香港戦残り7分強で町田美春が日本の9本目となるトライを決め、その後、大塚が自身のトライで自己ベストを達成した。

2025年女子ラグビーワールドカップがイングランドで開催されます。 今すぐ登録 まずはチケットについてお尋ねください。

READ  ジャパンオープン:クルーガーが初のWTA決勝進出