Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本がトルコに水循環式シャワーセットを送る

日本がトルコに水循環式シャワーセットを送る

WOTA株式会社提供
2019年10月には台風19号。 新型コロナウイルス感染症による被害を受け、長野市の小学校に設置された水循環型シャワーセット。

日本の災害救援チームは、2 月 6 日に壊滅的な地震に見舞われたトルコに、水をリサイクルする雨を飛ばしました。

この動きは、2011 年 3 月の東日本大震災で、被災地の避難者が地震で被害を受けた水道で適切に洗うことができなかった後に学んだ教訓を利用しています。

寮の衛生状態を改善することが期待されているシャワー設備は、多層フィルターを使用してバクテリアやその他の汚染物質を除去し、使用した水の 98% をリサイクルできます。

海外の被災地でこのタイプのシャワーが使われるのは初めて。

岩手県北上市に本社を置く医療用ガス販売会社の北菱。 シャワーシステムは東京都周防区のベンチャー企業WOTA株式会社と共同開発。

シャワーセットには、主に活性炭を使用した小型浄水器を使用して海水を淡水に変換できるフィルターがあります。 100リットルまでの使用済み水を貯蔵できるタンク。 そしてテントのようなシャワー室。

ほとんどの細菌やウイルスを除去することができ、ろ過された水は日本の公衆浴場の水質基準を満たしています。

2011 年の地震の後、耐病性微生物は、ノロウイルスを含む多くの避難者を病気にする原因となっています。 2016 年 4 月の熊本地震の被災者も同様の問題に直面しました。

日本の被災地の救援活動に参加した北菱社長の笠井健は、困難な状況に直面している人々を助けたいと考えていました。 葛西氏は、屋外の水循環処理システムを開発しているWOTAに協力を要請した。 2017年に最初のシャワーセットが完成しました。

2018年7月の豪雨、2019年10月の台風19号で被害を受けた岡山県倉敷市。 最初のセットは、1919 年に甚大な被害を受けた長野市にも設置されました。

シャワーの設置により、避難所の衛生状態は大幅に改善されました。

国際協力機構(国際緊急援助委員会の事務局)によると、2月8日に一組の雨具がトルコに運ばれ、震源地に近いトルコ南部のカフラマンマラシュに送られた。

「震災の教訓からアイデアや技術が生まれることに、とてもわくわくしています。 [in Japan] 48歳の葛西は言った。

READ  物置やベッドなどのアジアの投資家、日本、オーストラリア: ANREV