Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本がバドミントンで2つの金を要求するので喜びを2倍にする

東京パラリンピックの最終日である日曜日に日本が二輪バドミントンのタイトルを獲得し、カジェワラ大樹がWH2シングルを獲得し、里見紗李奈と山崎悠麻がWHダブルゴールドを獲得した。

梶原は韓国の金正恩を破り、ソドミーと山崎は中国のペアである劉玉東と陰門を破った。

カイワラは、福岡出身の19歳の選手が韓国から4度のシングルス世界チャンピオンを獲得したヨギ国立競技場で21-18、21-19で優勝しました。

2021年9月5日に東京パラリンピックで男子WH2バドミントンシングルス決勝に勝利した後、日本のティキカジェワラ「日ノ丸」が国旗を掲げます。

ガジバラは13歳で野球のトレーニングにサイクリング中にトラックの衝突で足を失い、厳しい試合から抜け出し、キムは一度に両方のゲームをリードしました。

しかし、日本人は彼が獲得し​​た2つの競技ポイントで2位に金を獲得することに大きな忍耐を示しました。

香港のサンホユアンとのグループステージの2回目の試合で、ガジワラは金メダルへの旅で1試合しか落とさず、準決勝で韓国のキムギョンフンを21-14、21-15で簡単に破りました。

日本のサリーナソドミー(R)と山崎悠麻は、2021年9月5日に東京パラリンピックで行われたヨギ国立競技場での女子WHダブルスバドミントン決勝で優勝しました。 (京都)

昨日シングルスの金メダルを獲得したのと同じように、WH1チャンピオンのソドミーは金メダルを争うために最初の試合に敗れました。 彼女のオフサイダーである山崎は、低防御のWH2プレーヤーとして重要な役割を果たしました。

最初のゲーム21-16で負けた後、日本のプレーヤーは最後の2つのゲーム21-16と21-13で自分たちを統合しました。

土曜日からパラリンピック女子バドミントン金メダルを獲得したソドミーは、東京でのスポーツで金メダルを2つ獲得した唯一の日本人です。

READ  台湾の技術が中国からシフトすると米国は恩恵を受けるが、日本は遅れをとっている