Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が健康的な高齢化に向けて針を進めるのに、研究はどのように役立つのか

日本が健康的な高齢化に向けて針を進めるのに、研究はどのように役立つのか

写真:マロケ | iStock

国際長寿センターは、健康的な老化の影響に関する英国の第一人者です。 ここでは、国際法センターのエミリー・エヴァンスが、研究によってどのように日本国民が健康で長生きできるようになるのか、そして他の人がそこから何を学べるのかについて説明します。

老化研究の世界では多額の資金が投資されており、その中には不老不死の有望な研究も含まれています。 しかし、 英国の国際長寿センター 彼は、老化プロセスを逆転させる試みは他の人に任せ、誰もが長寿の恩恵を享受できるよう、健康的な老化に関する科学的根拠に基づいた研究を実施し、政策解決策を開拓することに重点を置いています。

国際法委員会は、1990年に最初の市民社会委員会を設立した米国のロバート・バトラーと日本の森岡茂夫に触発されて、サリー・グリーングロス男爵夫人によって1997年に英国で設立されました。英国での国際行動会議。 グローバルアライアンスILC – 現在、世界中の 16 の組織が参加しており、社会が人口高齢化の課題を克服し、長寿の機会を獲得できるよう支援することを目的としています。

人口の高齢化

1990 年代以降、多くのことが変わりました。 世界の人口は 53 億人から 80 億人以上に増加しました。 ただし、年間成長率は 1.77% から 0.88% に低下しました。 日本は人口高齢化が最も早い国の一つとして際立っており、平均年齢は48.5歳を超えています。 たとえば、英国の平均寿命は 39 歳、中国は 37.9 歳、インドは 27.6 歳です。

世界中で人々の寿命が延びていますが、これは必ずしも健康的な生活を意味するわけではありません。 国際法委員会 健康的な老化と予防の指標 これは、寿命、健康期間、雇用期間、収入、環境パフォーマンス、幸福度の 6 つの指標に基づいて 121 か国をランク付けしています。 日本は平均寿命(84.3歳)と健康寿命(平均74.1歳)で第1位となっている。

しかし、他の指標によりランキングは 17 位に下がりました。 これは、政策立案者がさらに深く掘り下げる必要があることを示唆しています。なぜなら、健康的な老化とは単に長寿だけではなく、余分な年の質も重要だからです。

日本の国民皆保険

日本の医療制度は、個人が希望する診療所や病院を選択できる包括的な保険制度を特徴としています。 現在、日本には最低限のプライマリケアや地域ケアがあり、一般開業医(GP)の制度もありません。 代わりに、人々はクリニックで働く専門家に直接行きます。

しかし、高齢化や経済成長の停滞による医療費の高騰により、制度の持続可能性への懸念が高まっている。 2015 年、日本は国民の健康と生産性をより長く保つためには、人口動態の変化に適切に対応できる持続可能な医療システムを再構築することが緊急に必要であると認識しました。

報告書は新たなシステムへのパラダイムシフトを提案した 日本の目指すべき姿:ヘルスケア2035 「すべての人にとってより良い健康成果を達成する、持続可能で即応性のある公平なシステムを構築する」ことを目的としています。 同氏は日本の医療制度を「投入から成果へ、量から質と効率へ、治療からケアへ、そして専門化からあらゆる部門における統合的アプローチへ」と移行させた。 (1)

日本の認知症への取り組み

日本では460万人以上が認知症を抱えており、その総数は2025年までに約730万人、つまり65歳以上の日本人の5人に1人に増加すると予想されている。 2019年、日本は国家戦略をスタートさせた 新たな目標人々の安全を確保するために。 認知症になっても元気に暮らしていける。 この戦略は認知症患者とその家族と共同で作成され、対処と予防を促進します。

データ、テクノロジー、双方向の人間的ケアを統合する日本の認知症へのアプローチは、この国を興味深い先駆者にしています。 しかし、日本は多くの点で他の国よりも優れていますが、それでも他の国から教訓を学ぶことができます。 たとえば、アルツハイマー病協会から資金提供を受けて進行中の研究が挙げられます。 プレディムプロジェクト 英国のニューカッスル大学が主導し、認知症患者と共同で作成されたこの研究は、ケアの調整を二次的ケアから一次的ケアサービスに移行することを示唆している。 これにより、診断後のより個別化されたタイムリーなサポートが得られ、専門家によるケアよりも最大 40% 安価になる可能性があります。 (2)

日本における予防接種の針を動かす

きれいな水と衛生設備へのアクセスを超えて、予防接種は、人生を変える数十の病気を予防する最も効果的な方法です。 しかし、高齢化が進む裕福な国としては、成人のワクチン接種に対する態度という点では、日本は依然として外れ値にある。 コロナウイルス以前の世論調査では、ワクチンが重要だと感じている日本の成人はわずか4.7%、ワクチンが安全であると考えているのは25.1%、効果があると感じているのは9.9%だった。

2019年にインフルエンザのパンデミックと闘っているにもかかわらず、日本は依然として65歳以上の人々のワクチン接種率を大幅に高めるのに苦戦している。 しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と延期された東京オリンピックの同時開催により、日本でワクチン接種の摂取を増やす新たな機会がもたらされました。

2022年、ILO英国とストライプ・パートナーズは、ワクチン接種への障壁をより深く理解するために、民族誌調査と日本の都市部と農村部の高齢者や医療専門家への対面インタビューを実施することで、ワクチンへの躊躇の問題に取り組みました。 これらの障壁には、実際的な障害、認識の欠如、ワクチンで予防可能な病気を真剣に受け止めないこと、ワクチンへの躊躇などが含まれます。 これらの問題に対処するために、 針を移動するレポート 対象を絞ったコミュニケーション戦略、地域ワクチンイベントのテスト、ワクチン予約システムの改革など、革新的なスキームを提供しています。

結論

日本の高齢者は自らの健康と自立について積極的に取り組んでいますが、より長く、より健康で、より生産的な生活を確保するには、日本の医療政策に対するより戦略的、総合的、順応性があり、科学的根拠に基づいたアプローチが不可欠です。

参考文献

  1. 世界保健機関、日本の医療制度のレビュー (誰.int
  2. 世界アルツハイマー病報告書 2016 – 要約論文 (alzint.org

編集者 推奨 記事

READ  デジタル化とよりグリーンな社会を求める日本の成長戦略草案