Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が先頭に立ち、中国も熱を帯びる

日本が先頭に立ち、中国も熱を帯びる

ジミー・マクガイバー著

(ロイター) – ジェイミー・マクガイバー氏が今後のアジア市場を展望する。

アジアの投資家は、日本とオーストラリアからいくつかの主要な経済指標が発表され、フィリピンから金利決定が発表される予定で木曜日を迎え、米国の債務上限に関する合意が近づいているとの期待が高まり、躍進している。

楽観的な見方は水曜日のウォール街の広範な反発に反映され、米国の主要3指数が1%以上上昇し、ドルは7週間ぶりの高値となり、1カ月物米国債利回りは最大の急落となった。 3週間以内に。

ジョー・バイデン大統領と共和党ケビン・マッカーシー下院議員は水曜日、31兆4000億ドルの連邦債務上限を引き上げ、壊滅的なデフォルトを回避するために近く合意を結ぶ決意を改めて表明した。

アジア市場、特に中国は、これがまたしても水準を下回る中国経済指標を受けた水曜日の下落からの回復につながることを期待している。

中国人民元は約6カ月ぶりに1ドル=7.00元を下回り、国内総生産(GDP)見通しも下方修正されていることから、アナリストらは人民元がさらに下落する可能性があるとみている。 シティの中国経済サプライズ指数は過去2年間で最大の下落となり、過去最大の下落となった。

日本では話が違います。 第1四半期のGDP成長率は予想を打ち破り、日経平均株価は20カ月ぶりに3万ポイントを超え、総合的なTOPIX指数は33年ぶりの高値を記録した。

エコノミストらは輸出入活動の大幅な減速と貿易黒字の縮小が予想されているため、4月の日本の貿易統計は木曜日に発表される。

オーストラリアの4月の失業統計も保留されている。 ロイターがまとめたエコノミストらは、失業率は3.5%で横ばい、新規雇用純増は2万5000人に鈍化すると予想していた。

一方、フィリピン中央銀行は、9回連続の利上げの後、主要金利を6.25%に据え置き、2023年の残り期間もその水準を維持する可能性が高く、インフレ鈍化の兆しが見られる中、1年にわたる引き締めサイクルの終わりを告げる。

4月の年間インフレ率は6.6%に鈍化したものの、それでも中銀の目標レンジである2─4%を大きく上回っており、政策当局者がすぐに政策緩和を急いでいないことを示唆している。

リフィニティブのデータに基づくアナリスト21人の予測中央値によると、企業面では、中​​国のハイテク大手アリババ・グループ・ホールディングの売上高が前年同期の2040億5000万元から3%増の2101億5400万元になると予想されている。

木曜日の市場にさらなる方向性を与える可能性のある3つの重要な展開は次のとおりです。

オーストラリアの失業率(4月)

– 日本貿易(4月)

– アリババの業績 (2023 年通年)

(執筆:ジェイミー・マクガイバー、編集:デビー・バビントン)

READ  エディ・ハウが最初のセッションで降格からのニューカッスルの脱出ルートを図示します...パブを下ります