Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が全仏オープン撤退後の大阪を支援するスポンサーに加わる

大坂なおみ選手は火曜日、母国である日本、サポーター、そして一流のスポーツ選手から支援を受け、世界第2位の全仏オープンでメディアの仕事を逃した後、うつ病と不安症に苦しんでいた.

大坂選手は、月曜日にグランドスラムを棄権したときにテニス界を驚かせたが、日曜日の最初のラウンドの試合の後、メディアとの面会を拒否したことで罰金と追放を宣告された. 続きを読む

先週、4度のグランドスラムチャンピオンに輝いた彼は、メンタルヘルスを守るためにメディアの義務を回避する意図を明らかにし、月曜日にTwitterに戻って引退を発表した. 続きを読む

彼の最初の役職は、23 歳の日本人の同僚からほとんど支持されず、ほとんどの人がメディアへの対応は仕事の一部であると述べていましたが、彼の撤退は世界中から支持を集めました。

日本テニス協会(JDA)のスチハシ・トシヒサ常務理事は火曜日の声明で、「まず考慮すべきことは、大坂さんの健康です。彼女の一日も早い回復を願っています」と述べた。

日本の加藤勝信官房長官は記者会見で「冷静に見守る」と述べ、今年の東京オリンピックでスターの一人となる女性を心配している.

着物ドレッサーの野口智美さん(67)はロイター通信に、「彼はかなりのプレッシャーにさらされていると思う。

「若い頃は彼女がナンバーワンだったので、彼女が何をしているのか想像できないと思います。」

スポーツビジネスのウェブサイトスポルティコによると、大阪は過去12か月間で5520万ドルを稼いでおり、これは女性アスリートとしての記録であり、そのほとんどは日米の主要企業とのスポンサー契約によるものだ.

日本のスポンサーであるナイシン・フーズは、大阪を早く治したいと考えていたが、世界最大の運動靴メーカーであるナイキは、彼の精神的な経験を共有する勇気があると称賛した.

大坂なおみの決定は、個人の健康と幸福を優先することがいかに重要であるかを私たちに思い出させます」と大阪の長年の支持者の1人であるMasterCardは声明で述べた.

「私たちは彼女を支持し、法廷内外で重要な問題を解決する彼女の勇気に感謝します。」

日本の非営利コンサルティング サービスである Dell のヘルプラインを管理する Vicky Scorzio 氏は、コミュニティはメンタルヘルスに対して「もっと尊重し、支援する」べきだと述べた。

スコージさんはロイター通信に対し、「誰が彼女の様子を尋ねたのですか?彼女は「自分のことは自分でやらなければなりません」という声明を出したが、罰せられている」と語った.

テニス – WTA プレミア 5 – イタリア オープン – フォロ イタリコ、ローマ、イタリア – 2021 年 5 月 12 日、日本の大阪なおみは 2 回戦で敗れて疲れ果てています。

「彼女は勇敢で、サポートが必要だと思います。」

「信じられないほどの布」

スコルツィオの考えは、女子テニスの先駆者であるマルチナ・ナブラチロワとビリー・ジーン・キングの以前のコメントを反映したものでした。 続きを読む

「大坂なおみがうつ病との闘いについて真実を語ったことは非常に勇気のいることです」とキングはソーシャルメディアに書いた. 「今、重要なことは、彼女に必要なスペースと時間を与えることです。私たちは彼女を祝福します。」

ウィリアムズの姉妹であるセレナとビーナス、そして若いアメリカ人選手のココ・カウフとスローン・スティーブンスは、大阪での責任から彼の幸福に焦点を合わせたときに、支持的なメッセージを伝えました。 続きを読む

他のスポーツの選手からも応援のメッセージがありました。

NBAオールスターのステフ・カリーはツイッターで、「常にこのような決断を下す必要はありません。しかし、権力が自分自身を守れないときに、高い軌道に乗ることは非常に興味深いことです.

4度のオリンピックチャンピオンであるモー・ファラーはスカイニュースに、「40人のジャーナリストがいる状況にいた。目の前にカメラが置かれている。緊張している。彼女をサポートするしかない」と語った。

大坂は、ルールが「時代遅れ」であると述べ、テニスの幹部と協力して、選手、報道陣、ファンのために物事を改善したいという希望を表明した. 続きを読む

元英国No.1のローラ・ロブソンはBBCに、大坂がローランド・コロスから追放されると脅した4つのグランドスラムと、将来のメジャーが問題をエスカレートさせてはならないと語った.

Roland Corros の主催者がこの問題を処理したことへの批判もいくつかありました。

フランステニス連盟のジル・モートン会長は月曜日に作成された声明を読み上げ、大阪への支持を表明したが、彼が後で質問をしなかったという矛盾は、一部では失われていない.

元オーストラリアのテニス関係者であるリチャード・イングスは次のように書いている。

6度のチャンピオンであるボリス・ベッカーは、大阪のキャリアがメンタルヘルスの問題のために危険にさらされるのではないかと心配している.

「彼女がパリのメディアに対処できなければ、ウィンブルドンや全米オープンでもメディアに対処することはできません。だから、精神的な問題のために彼女の命が危険にさらされていると感じています」と彼はユーロスポーツに語った。 続きを読む

私たちの基準: トムソン・ロイター財団の原則。

READ  アジア太平洋市場の上昇に伴い、日本は2日間の損失を経て回復しています。