Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が再開するにつれて、Irving Resources が高品位の金と銀を見つける可能性が高まります。

日本が再開するにつれて、Irving Resources が高品位の金と銀を見つける可能性が高まります。

日本経済の軟化、技術の進歩、より有利な政府の政策、および鉱業に対する地元の態度の変化は、日本で探検し開発するのにこれまでになく良い時期があったことを意味します. アーヴィング・リソーシズ社 (CSE:IRV).

Gold Canyon Resources と First Mining Finance の間の 2015 年のプロジェクトのスピンアウトとして形成された Irving の共同創設者である Akiko Levinson と Dr. Quinton Heney は、日本での探査に焦点を当てるために会社を設立しました。

Irving の社長兼 CEO である Levinson, Jr. は、鉱業業界で 25 年以上の経験があり、以前は Gold Canyon Resources の社長を務めていました。

Heney は、主要な金採掘会社で 25 年以上の探査経験を持つ経済地質学者であり、Irving の技術顧問です。

同社の最大の投資家である Newmont は 20% 未満を所有し、住友商事は約 5% を所有しています。

子会社の Irving Resources Japan GK を通じて、Irving は日本で 6 年間事業を展開しており、島全体にある 100% 所有のプロジェクトのポートフォリオが拡大しています。

深い日本人のルーツ

日本人であるレビンソン氏によると、同社は外国企業として見られていません。

「私たちのチーム メンバーのほとんどは日本人か、日本に住んでいる外国人です」と語るのは、日本語と日本文化を理解していることから、アーヴィングは日本で仕事をする上で有利です。

Irving の焦点は、日本の多くの卑金属製錬所の 1 つで製錬するのに適した鉱石である、高シリカ、高品位の表皮の金および銀の鉱脈です。 金や銀などの貴金属は、製錬・精製の過程で回収されます。

金と銀を生産するためのシンプルで費用対効果が高く、環境に優しい方法であり、多額の設備投資を必要とせず、表面の廃棄物をほとんど作らないと、Henny Proactive は述べています。

「精錬に適したシリカ含有量の高い鉱床と金と銀を簡単に特定できます」と Hennig 氏は言います。 「これは、金鉱を開発するための絶対にエレガントなモデルです。」

Irving 氏の主力プロジェクトである Omu は、日本の北海道北部の熱水脈地区にあります。 これまでの研究は、Omui、Hokuryu、Omu Sinter の 3 つのターゲットに焦点を当ててきました。

「私たちはこれらすべてのターゲットで掘削を完了し、時には複数の掘削プログラムも完了しました。高品位の金と銀の鉱脈がかなりの量で発見されたと考えています」と Hennig 氏は述べています。 「3つの目的地すべてに潜在的な経済的預金があると考えています。」

もう 1 つの主要なプロジェクトは山鹿野です。これには、採掘の歴史が約 400 年前にさかのぼる、過去に産出された山鹿野金鉱山が含まれます。 このサイトは、最新の方法を使用して調査されていません。

2020 年 9 月に買収されたヤマカノは、約 800 万オンスの金を生産し、世界で最もグレードの高い金鉱山の 1 つである住友金属鉱山の菱刈金鉱山の南西 11 キロメートルに位置しています。 「山鹿野は非常に近いアナログであり、同様の可能性を秘めていると考えています」と彼は説明します。

ヘニーはまた、同社が最近能登半島で申請した入植地のグループについても強調した。 4 つの対象地域で 337 平方キロメートルの総面積をカバーし、金、銀、ヒ素、アンチモン、水銀、および金の異常の強いストリーム堆積物を示しています。

「歴史的な記録がない、非常に明確な金の異常がある地域をいくつか特定しました」と彼は言います。 「言い換えれば、まだ認識されていない重要な表皮神経現象が存在する可能性があります。」

日本の鉱業の構築

ヘニーとレビンソンが日本に研究努力を集中するという決定に影響を与えたのは、これらの要因の完全な一致でした。

日本経済の軟化により、同国では探鉱と採掘がより安価になり、過去の問題を抱えたプロジェクトが現在クリーンアップされ修復されているため、採掘を取り巻く敏感さが緩和されています。 その間、更新された鉱業法により、日本での探査がより現実的になりました。

「日本の人口動態の変化と高齢化は、田舎にあるこれらの小さな町の多くが消滅することを意味します。そのため、彼らは私たちが彼らの町に経済的な活力をもたらすことを歓迎しています」と Hennig は言います。

地質学的側面では、Henney は別の要因として、近年の熱水外の金システムの理解の進歩を挙げています。 「これまであまり知られていなかった新しいブラインド デポジットを見つけるのに適しています。」

アーヴィングにとって、日本で働くことは人間関係と信頼を築くことがすべてです。 地元の農家から鉱業の主要プレーヤーまで、同社は協力するすべての利害関係者との関係を構築するよう努めてきました。

「アキコはその地域の多くの農家と知り合いになり、座ってお茶を飲みました」とヘニーは説明します。 「彼は、私たちの旗艦である OMU プロジェクトがある地域の市長をよく知っています。 これらは、マイニングの変化と機会について誰もが安心できるように構築する重要な関係であると考えています。

トップレベルでは、同社は日本の古い鉱山会社や、日本の経済産業省が管理する日本金属エネルギー安全保障機構 (JOGMEC) などの政府機関と強力な関係を築いてきました。 さまざまなリソースの絶え間ない供給。

「私たちがまとめたこれらのチームは、日本で新しい鉱山を建設するために必要な全体的なシステムの一部です」と Hennig 氏は言います。

今後の主要なマイルストーン

2023 年、Irving は、過去 3 年間のパンデミック関連の旅行やその他の制限によって手錠をかけられた後、3 つ目のドリル リグを追加することにより、ポートフォリオ全体の探査を加速する予定です。

海外からの駐在員や日本の掘削業者を含め、訓練を実施するための労働力を構築しています。

Henny 氏によると、Irving は主力の Omu プロジェクトで 3 つの有望なターゲットを掘削することを期待しており、このプロジェクトの新しいターゲットである丸山をテストし始めており、金と銀の価値が高いシリカに富む表面サンプルが得られています。

山鹿野プロジェクトで、アーヴィングは 2023 年後半に開始されるトレーニング プログラムに備えて地球物理学的作業を行っています。

Hennig 氏は、3 基目のドリル リグの追加は同社にとって大きな節目であると述べています。これにより、Irving は 2 つの掘削プロジェクトを同時に実行できるようになるからです。1 つは北海道の Omu プロジェクトで、もう 1 つは九州の Yamakano プロジェクトです。

「2023 年末までに、すべての人員が揃ったら、日本で定期的に 3 つの演習を実施する予定です」と Heney 氏は締めくくります。 「これは、掘削とターゲットをテストする能力を劇的に加速させる大きな一歩です。」

エミリーの連絡先は、[email protected] です。

READ  レトロな日本:変化する風景の中でも美しさを保つ東京の三叉橋