Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が外国人「訓練」労働者を見直すとき、決定的な瞬間がやってくる

船久保利明は小さな工場の労働力を切望し、技術的な専門知識とスキルを習得するために日本にやってきた中国人の「見習い」に目を向けました。2010 年までのほぼ 20 年間、中国は日本を抜いて世界第 2 位の経済大国になりました。 .

彼は彼らを他の労働者のように扱った。 彼は彼らを新年のお祝いに家に招待し、一緒にピクニックに行きました。 しかし、彼は現在、労働力不足のため、そのようなインターンに頼っても、限られた年数しか滞在できないため、中小企業を強化することはできないと考えています.

彼は、そもそも日本が住み、働く場所としての魅力を失いつつあることを恐れている。 78歳の彼は、厳しい移民政策で知られる日本は、外国人労働者の問題に正面から取り組む必要があると警告した.

岩手県山田市の水産加工場で働くベトナム人技能実習生=2020年8月4日 (京都)

彼は、経済を安定させるために、日本が移民としてより多くの外国人労働者をいつ受け入れるかが問題だと言います。

「外国人労働者を受け入れて社会に溶け込ませるには、統一されたシステムが必要だ」と、工業製品の検査キットを製造する会社で過去に 20 人の中国人インターンを雇った船久保氏は語った。

政府は、今後数か月以内に、30年近くにわたって実施されてきたスキームを見直す予定です。 外国人が日本企業で最大5年間インターンとして働くことができ、滞在中に習得した技術的専門知識やスキルを移転することができます。

批評家は、低賃金、過重労働、人権侵害を理由に、この計画を安価な外国人労働者を受け入れるための隠れ蓑と見なしている. インターン生は、原則として家族の同行や転職は認められていません。 毎年、数千人が職場を離れています。

8月の内閣改造で辞任した古川義久元法務大臣は「この30年で、制度の基本理念と実際の実施とのギャップが徐々に広がってきた」と語った。

「その結果、技術者がキャリアプランを立てるのが難しいプログラムになり、構造的に人権侵害が発生する可能性がある」と彼は述べ、長年の問題を提起する決意を表明した. 見直しを伴う「歴史的解決」。

抗議者たちは、2022 年 6 月 12 日に東京の上野地区で外国人向けの技術訓練プログラムの中止を要求します。 このスキームは、安い労働力を輸入するための隠れ蓑として批判された. (京都)

昨年10月現在、日本の外国人労働者の約2割、約35万2000人が技術訓練を受けている。 ベトナムからの人々が最大のグループを形成しました。 建設、農業、介護などの分野で深刻な人手不足に対処するために、2019年に作成された「特定技能」ビザのカテゴリーがあります。

約 2,200 人の技術インターンを対象とした調査によると、54.7% が日本に来る前に母国でローンを組んだと答えています。 日本の出入国在留管理庁の調査によると、彼らは日本の送り出し会社とブローカーに平均542,311円(3,900ドル)を支払いましたが、ベトナムからのインターンは平均688,143円で、そのようなインターンの出身国の中で最も高かった.

債務問題は日本とベトナムにとって懸念事項であり、両国は現在、その解決に取り組んでいます。 ベトナムの要請により、国際協力機構は、インターン希望者がベトナムの日系企業や政府指定企業の求人情報を直接入手できるプラットフォームを開発する準備を進めている。 そのような人々。

JICAが来年の試験運用の後、2024年度に完全に開始することを望んでいるプラットフォームの目的は、日本で働きたい人々がブローカーに高額の手数料を支払うことを余儀なくされるのを防ぐことである. このサイトはスマートフォンからアクセスできます。


関連記事:

日本政府は妊娠中の外国人研修生の虐待を調査しています

日本、海外研修制度の本格見直しへ


日本は人権に関して欧米に後れを取っているため、政府は企業がサプライチェーン全体で人権を尊重することを求めるガイドラインを作成しました。 法的拘束力はありませんが、パスポートが没収された例を挙げて、技術者の権利を保護する必要性を具体的に述べています。

移民政策と外国人労働の専門家は、日本はもっと多くのことをする必要があると言っています。 労働需給バランスを改善するための簡単な解決策として、技術訓練プログラムが長い間使用されてきました。これにより、企業は、事業の再構築や生産性を向上させることなく、安価な労働力を簡単に獲得できます。

国士舘大学の鈴木えり子教授は、「外国人労働者が日本人に魅力のない仕事を補うことができるという考えを持っていれば、持続可能ではない」と述べ、見習い制度の廃止を求めた.

実際、ベテランの星野卓也氏がまとめたデータによると、ベトナム、ネパール、インドネシア、中国の人々が日本で働くことへの関心は年々低下しており、母国と日本の最低賃金の差が縮まっている. 第一生命経済研究所エコノミスト。

ベトナム人の収入は、10 年前の日本での労働の約 40 倍でしたが、昨年は 20 倍になりました。 星野氏によると、最低賃金が急上昇している韓国など、他のアジア諸国との日本をめぐる競争は激化しているという。

専門家は、日本には、競争力を高める方法と、異なる国や文化を持ち、異なる言語を話す人々と一緒に暮らすことの意味を真剣に考え直す責任があると述べています。

「日本の人口は減少しており、地方はさらに減少しています。コミュニティの一員である長期滞在の外国人が必要な場所です」と鈴木氏は語った。

「そして、多元的な社会が機能するためには、少数派が多数派に吸収されるだけではうまくいきません。多数派も変わらなければなりません」と彼は言いました。

READ  ACLでは韓国と日本のクラブが東部ゾーンを支配しています