Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が最優先。 議会は、議員が差別的なソーシャルメディアの投稿を好むことを禁止しています

2019 年 7 月 23 日、カリフォルニア州メンローパークにある Meta Platforms Inc.。 (当時はフェイスブック社)本社の前に「いいね!」のアイコンがあります。 (毎日/福永法仁)

TSU — 中部日本の三重県議会は 12 月 20 日に全会一致で規則改正法案を承認し、議員がソーシャル メディアで差別的な投稿を好むことを禁止した。 州議会議員の政治的規律を確保することを目的とした改正条例が同日発効した。

委員会は、立法者が従うべき倫理基準を定義します。 会員は、会員による差別的な投稿や人権侵害に対して、人権侵害を扇動したり、「いいね」ボタンを押したりするなど、第三者による人権侵害に同意を表明することはご遠慮ください。

2006 年に最初に制定された条例は、刑法違反を含む容疑で告発された議員の政治的説明責任を扱っている。 しかし、2021年に自民党の小林隆虎議員(48)がブログで同性カップルに言及し、カップルを中傷する投稿に「いいね」ボタンを押した後、修正が議論された.

【朝日奈由佳 原作・津美呂】

READ  日本で育てられたミルク、企業文化、投資家の活動