Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が最終戦を制し、森愛選手と安楽空人選手が優勝

日本が最終戦を制し、森愛選手と安楽空人選手が優勝

現世界チャンピオン モーリー1世 日本はスタジアムの大勢のファンの前で今季ワールドカップ初勝利を達成した IFSC スポーツクライミング ワールドカップ 日曜日(9月24日)、中華人民共和国呉江市にて。

男性の場合は16歳です 安楽空人 彼は2023年ワールドカップの最終ラウンドでも再び注目を集め、今シーズン3つ目の金メダルを獲得した。

森より4歳年上の20歳は、壁を登った最後の登山者であり、オーストリアのオリンピック選手を破らなければならなかった。 ジェシカ・バイルズ それは決定的に 31+ に上昇しました。

この日本人選手はプレッシャーに屈する気配もなく、トップに上り詰めた。 森はコースをトップすることはできなかったが、彼の36+はワールドカップシリーズを金メダルで終わらせるには十分だった。

2度の世界チャンピオンであるバイルズは2位となり、キャリアで初めて3,235ポイントで女子ワールドカップリーダーの称号を獲得した。

東京2020 オリンピックチャンピオン ガンガガーンプリート 彼女は呉江大会には出場しなかったが、今シーズン出場した3大会で優勝して集めた3,000ポイントのおかげで総合2位となった。

スロベニアのスター選手は、キャリアの中でワールドカップで5回優勝している。 市民オリンピックチャンピオン ヴィタ・ルーカン 彼は総合表彰台で最下位に終わった。

READ  エディー・ジョーンズがワラビーズのコーチを辞任、日本、契約、給料、次期ワラビーズのコーチ、反応