Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が漁船をインドネシアに引き渡す

ジャカルタ、インドネシア

日本は、インドネシアが南シナ海の排他的経済水域(EEZ)での違法漁業を防止するのを容易にするために、漁業巡視船を引き渡した。

火曜日のジャカルタの日本大使館の声明によると、インドネシアには現在領海を監視する能力がないため、引き渡しはインドネシア沖での違法な漁業活動を停止することを目的としていた。

大使館は、「今回は、インドネシア当局の監視能力を強化するため、白垣丸漁船が引き渡された」と述べた。

昨年調印された覚書に基づき、日本は水産庁が所有する同様の船舶と22億円(2,020万ドル)相当の維持管理設備をインドネシアに引き渡した。

この協力を通じて、日本はインドネシアの漁業パトロールと水産業の改善への取り組みを支援することを目指しています。

「それはまた、自由で開かれたインド太平洋の実施に貢献するでしょう」とそれは付け加えました。

インドネシアは、係争中のナチュナ海周辺の中国海軍艦艇による地域違反の申し立てに対して、中国に対して抗議を行った。

ナチュナは南シナ海の南部に位置し、さまざまな地域の主張を持つ非常に物議を醸す流域です。 ブルネイ、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナムは独自の水に関する請求を行っており、中国の9行の税請求は2016年に国際裁判所によって無効になります。

1月、インドネシアのレドノマルスディ外相は、中国がジャカルタを訪問している間、南シナ海を穏やかで安定した海として維持することの重要性を強調した。

「この目標を達成するために、すべての国は、1982年の国連海洋法条約(UNCLOS)を含む国際法を尊重し、実施しなければならない」と彼は述べた。

アナドル通信社のWebサイトには、AA News Broadcasting System(HAS)によって購読者に提供されるニュースの一部のみが省略形で含まれています。 サブスクリプションオプションについては、お問い合わせください。

READ  欧州の音楽使用料投資プラットフォームが日本市場に参入