Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が緊急事態宣言を解除した後でも、いくつかのCOVID-19作戦があるかもしれません

東京、大阪、その他の8つの州でのCOVID-19緊急事態は6月20日に予定通り解除されるが、政府のコロナウイルスに対する規制措置が実施される可能性があると政府のスポークスマンは土曜日に語った。

加藤勝信官房長官はテレビ番組で、政府は緊急事態を準緊急措置に縮小する可能性があると述べた。

彼のコメントは、首都でのオリンピックの開始の1か月前、9つの州で6月20日まで緊急事態が宣言された翌日、5つの緊急措置が6月20日まで3週間延長された. 沖縄では、その日まですでに非常事態宣言が発令されていました。

「重要なことは、ウイルスの拡散をどのように防ぐかです」と加藤氏は述べ、緊急事態が終わった後でも、政府は流行を改善する方法を検討する必要があると付け加えました。 .

同じテレビ番組で、日本医師会の実行委員会のメンバーであり、COVID-19に関する政府諮問委員会のメンバーである釜屋地聡氏は、委員会は感染症の状況が明確に下降傾向にあることを確認したいと述べた。状態。 緊急。

日本のコロナウイルス感染の第4波は、さまざまな流行によって引き起こされ、すでに慢性感染症に苦しんでいる医療サービスに深刻な圧力をかけています.

州知事は土曜日の会議で、インドで最初に検出された非常に伝染性の高い亜種の検査能力を高めるよう、スー・チー首相の政府に要請することを決定しました。

まもなく政府に提出される一連の計画の中で、全米知事協会は、COVID-19ワクチンを地方自治体に配布するための詳細なスケジュールを求め、基本的な健康状態にある人々をできるだけ早く予防し始めると結論付けています。

この国は、ワクチンの生産において他の先進国に大きく後れを取っています。 スカは7月末までに高齢者へのワクチン接種を完了すると約束した.

ワクチン接種プログラムは 2 月に医療従事者を対象に開始され、その後 65 歳以上に拡大されましたが、少なくとも 1 回の接種を受けたことがあるのは国の居住者の約 6% のみです。

オンライン会議で、数人の知事が、COVID-19 ワクチンを投与できる医療スタッフが不足していることについて懸念を表明しました。

誤報と過剰情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックで拡大)

READ  日本の首相が与党リーダーシップコンテストについて会談する