Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が緩和するアイスランドとクロアチアの制限

アイスランドとクロアチアでのコロナウイルスの症例の増加は、パンデミック制限の再課につながりましたが、日本の当局は国境管理の緩和を発表しました。

アイスランドで土曜日から、人々が1.5メートルの距離を維持できない状況では、マスクが再び義務付けられます。政府はCOVID-19の復活の中で決定しました。

この発表は、今後数週間でコロナウイルス規制を緩和するために進行中の取り組みを反映しています。

10月、アイスランド政府はウイルスの蔓延について十分に楽観的であったため、11月18日までにほとんどの制限が解除されると予想していました。

別の引き締めでは、大規模な集会は水曜日から500人に制限され、2,000人を許可する現在のルールから減少します。

アルコール飲料を提供するレストランは、通常より2時間早い午後11時に閉店する必要があります。

新しい制限は4週間有効になるように設定されています。つまり、12月8日に解除されます。

16歳以上のすべての人もコロナウイルスブースターの対象となります。

RUVのレポートによると、このような映像の約160,000件の招待状が年末までに送信されます。

状況はほんの数週間前に落ち着きましたが、アイスランドは最近、報告された症例数に関して新記録を打ち立てました。

クロアチア当局はまた、金曜日に感染者の数が再び新記録を達成した後、感染の増加を食い止めるために、集会を制限し、COVID-19許可の使用を拡大します。

国の危機チームは会議の後で、COVID-19許可が準備されるのにより多くの時間がかかる間、集会のための新しい規則が土曜日から適用されるであろうと言いました。

アンドレイ・プレンコビッチ首相は、人口420万人の50%に達した後、ワクチン接種が「カタツムリのペース」で進んでいると不満を漏らしました。

「これは正常ではない」と国営テレビHRTによるとプレンコビッチは言った。

「私たちは2年近くパンデミックに見舞われ、500万人以上が亡くなり、一部の市民はCOVID-19がもたらす危険性にまだ気付いていない状況にあります。」

中央および東ヨーロッパの国々の多くと同様に、クロアチアは、ワクチン接種率の低さとウイルス規則の緩和により、過去数週間で感染症と入院の大幅な増加を記録しています。

蔓延するウイルスに警戒し、まだワクチンを接種していないクロアチア人が、首都ザグレブのワクチン接種場所で注射を受けるために木曜日の夜に並んでいるのが見られました。

ドラゴ・チョリッチ氏は、ワクチンについては「懐疑的」だったが、新しい症例が数千人に達した後、考えを変えたと語った。

クロアチアは、前日に約6,300件が確認された後、金曜日に7,000件近くの新たな感染を報告しました。

日本は、感染症の急激な減少後の経済界からの要請に応えて、観光客を除く完全にワクチン接種された旅行者の国境管理を月曜日から緩和すると発表した。

日本に入国するすべての人は、日本の当局によって承認されたCOVID-19ワクチンで完全にワクチン接種されなければなりません。

対象となるのは、3か月未満の短期出張の旅行者、および14日間の検疫が必要ないわゆる技術トレーニングプログラムの留学生や労働者を含む長期訪問者です。

学校とそれらが後援する会社は、それらの活動とそれらがどのように監視されているかを詳述する文書を提供する必要があります。

日本人と再入国許可のある外国人の10日間の自己隔離期間は3日間に短縮されます。

日本は、特別許可のある人道的目的を除いて、1月にほとんどすべての外国人訪問者に対して国境を閉鎖した。

毎日の症例は9月以降急激に減少しており、一般的にワクチン接種と広範囲にわたるマスク着用に起因する傾向にあります。

人口の約73パーセントが完全にワクチン接種されています。

日本は木曜日に158の新たな確認された症例を記録し、流行の開始以来の累積合計は172万人になり、約18,300人が死亡した。

木原誠二副首相は、日本は、外国のツアーグループの活動を管理および監視する方法を検討した後、年末までに外国のツアーグループを許可する可能性を検討していると述べた。

AP付き

READ  G20は画期的な世界的な税制改革を支援します| コロナウイルスパンデミックニュース