Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が2隻目の大樹型潜水艦「北木」を発売

日本のメルボルンは、オーストラリアのリチウムイオン電池シリーズのボートをちょうど1年後に水上に運ぶ新しいタイプのディーゼル電気潜水艦を発表しました。

日本の時間によると、木曜日の午後、神戸の川崎重工業造船所で白木またはシロイルカという名前の新しい潜水艦が進水した。 潜水艦は、2023年3月に予定されている海上自衛隊(JMSTF)に参加する前に、最終的な建設と海上試験を受ける予定です。

北沖は2隻目の大樹級潜水艦です。 それは、3,000トン、84メートル(275フィート)の長さのディーゼル電気潜水艦で、以前は29SSクラスとして知られており、天皇陛下の日本での治世の29年にちなんで名付けられました。

クラス初の船「大樹」は2020年10月に打ち上げられ、今年7月に海上公試を開始しました。 2022年3月に発売される予定です。

試運転により、海上自衛隊は潜水艦の資本増強に向けた取り組みを継続し、潜水艦のサービスの一部を22に引き上げ、古いボートの一部を稼働させることができます。

海上自衛隊の潜水艦艦隊を16隻から増やすという決定は、2010年の国家安全保障計画のガイドラインで発表されました。 これは、日本が中国の軍事的近代化と地域の安定性の向上を引き続き認識しているためです。

以前のゾリクラスとタイクの最後の2隻のボートのように、ハッカビーはリチウムイオン電池で駆動されます。 日本は2000年代初頭から潜水艦でのリチウムイオン電池の使用について広範な研究を行っており、鉛蓄電池に比べてメンテナンスが少なく、高速での耐久性が高いと述べています。

現在、リチウムイオン電池を搭載した潜水艦を保有しているのは世界で唯一の国です。

高架潜水艦は、8隻の古いオアシオ級潜水艦、12隻のソリオス、2隻のティギ級潜水艦で構成されます。 日本はすでにもう1隻のティキ型潜水艦を建造しており、2つのプロジェクトが承認されており、最近では国防省の最新予算で1隻あたり6億230万ドルが承認されています。

READ  日本は米国産牛肉に一時的な高関税を設定