Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本でのドコモのモバイルサービスの混乱は2日目も続く

東京(京都)-全国最大の携帯電話会社がコンピューターのクラッシュを発表した翌日、一部のNDTDoCoMo携帯電話の顧客は依然として音声およびデータ通信の中断に直面しています。

木曜日の午後5時に、通信事業者のネットワークで作業中にコンピュータの問題が発生しました。ある時点で、200万人が音声およびデータサービスを利用できなくなりました。 システムは3時間後に回復しましたが、ネットワークの混雑により一部のユーザーにとって接続が不安定でした。

金曜日に、8000万のワイヤレスキャリアネットワークは、混雑後のデータトラフィックを制限しました。

主要な4Gおよび次世代5Gネットワ​​ークは午前5時5分に通常に戻りましたが、古いスマートフォンデバイスで使用されていた3Gネットワ​​ークはまだ修正されていません。

NTTドコモの田村ほすみ副社長は記者会見で、「多くの方にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。ネットワークがいつ完全に復旧するかについては明記していませんでした。

金子恭子内務通信相は金曜日、NDT DoCoMoに対し、大規模なサービス中断の原因を調査し、影響を受けたユーザーの数を報告するよう要請した。

「(コンピューターの)故障が、人々の生活にとって重要なインフラである携帯電話サービスに大きな影響を与えたことは非常に残念だ」と金子氏は記者団に語った。

同省は、通信事業者の報告に基づいて、問題が電気通信事業法で指定された「重大な事件」にあるかどうかを確認したいと考えています。

その場合、通信事業者は運用上の対応を改善し、同様の問題が再発しないことを確認するようにアドバイスされる場合があります。

NDT Tocomoのネットワークを使用している格安航空会社も、電話がサービスを表示しない、人々がSMSを使用できないなどの問題に直面していました。

NDT DoCoMoは、システム作業中に予期しない応答をしました。 クラッシュ中にバックアップされたデータは、会社がサービスを復元しようとしたときにコンピューターをクラッシュさせました。

2019年1月、日本第3位の通信事業者であるソフトバンク株式会社の電気通信省。 そして30分。

READ  入ってくる観光は重要であり、全体的な観光市場は2026年までに31億ドルに達すると予測されています。