Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本では、カントリーハウスは500ドル未満であなたのものになることができます

COVID-19がアメリカ人に彼らがどこにどのように住んでいるかを再考することを強いたので、米国の住宅市場は非常に暑く、潜在的な買い手に入札と燃焼を残しています。 一方、日本では、家を買うのに必要なのは約500ドルで、「ゴーストタウン」に住む準備をします。

このフレーズは超自然現象を指すものではありませんが、人口増加がマイナスになるという日本の数十年にわたる傾向と都市部への大量流出が相まって、約849万人に上ったという事実 iKEA (無人の家)国の最新の国によると 住宅と土地の調査 2018年から鳥取大学地域研究教授筒井一伸が語った 中から 農村コミュニティあたりの世帯数は​​1960年には39世帯でしたが、2015年までに15世帯に減少し、2021年5月に 報告書 経済協力開発機構から、日本の農村部の空室率は約16%に固定されています。

これらの統計は、日本の菅義偉首相が2020年9月に就任した理由を説明しており、都市部と農村部のギャップを埋めることに焦点を当てることを義務付けています。 したがって、地方自治体は、経済を活性化させることができるような地方の持ち家と再定住を刺激するためにできる限りのことをしている。 これらのオファーには、リフォームしてAkeaに移動する人のための改修補助金、およびAkiahバイヤーのための大幅な固定資産税割引が含まれます。

しかし、おそらく「AkeaBanks」のような魅力的なオファーはありません。 実際の銀行ではありませんが、和歌山県のような特定のコミュニティでは、基本的に安価な廃屋のZillowsとして機能するウェブサイトであり、その名を冠した州都は大阪から約1時間15分です。 2015年のローンチ以来、和歌山のアキア銀行に上場している600件のうち約200件が新規入居者を発見し、現在の価格はローエンドで約800ドルとなっています。 他のイケアの銀行では、50,000円(約455ドル)という低価格は前代未聞です。

日本の特定の地域の住宅は非常に安いですが、バイヤーが秋谷を完全に受け入れることを妨げているいくつかの障壁があります。

写真:ゲッティイメージズ/中尾百合子

遠く離れた日本の専門家は、東京の平均月額家賃よりも安い価格でオーバーヘッドスタビライザーを購入する機会をつかむと思うかもしれませんが、購入者がアキアを完全に受け入れることを妨げるいくつかの障害があります。 経済協力開発機構のチーフエコノミスト、ダグラス・サザーランドは次のように述べています。 中から 日本の住宅リノベーションへの関心は米国よりも一般的に少ないため、ほとんどのアキア人がその価値以上に問題を抱えているように見える環境に貢献している可能性があります。

外国人はアキヤの購入から除外されていませんが、バイパスできるループがいくつかあり、それを所有することは不可能ではないにしても高価になります。 リフォーム費用に加えて、1981年の日本の建築基準コードの更新は、これらの住宅がコードに準拠するために構造的な作業を必要とするほど壊れやすいと見なされていることも意味します。 さらに、所有権により、人々はこれらのIKEAを取り壊し、住宅所有者(技術者)の同意なしに最初からやり直すことはほとんど不可能です。 したがって、不要な家はまだ改修と解体の間に立ち往生しています。

これらのハードルにもかかわらず、この低価格で家を購入したり、ビジネスを開始したりするというアイデアは、一部の人にとっては真実ではないことが証明されました。 より高いレベルの政府の購入により、国の住宅所有権を増やすためのいくつかの法的ハードルが下がる可能性が常にあります。 しかし、今のところ、多くの日本の都市居住者は、500ドルの家があまりにも良さそうに見えるなら、おそらくそうだと感じているようです。

READ  パンデミックな旅行ニュースの更新: オーストラリアの部分的な封鎖、アメリカ人は日本に警告した