Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本では、疎外された若者の心と投票を勝ち取るための努力がなされています

学生活動家であり、No Youth No Japanの代表である野城桃子は、2021年2月18日の東京でのインタビュー中に、ビデオから取られたこの静止画の中で話します。 REUTERS TV / RUTERS /ファイル経由

東京、10月28日(ロイター)-日本での次の選挙のための野城桃子のキャンペーンはソーシャルメディアとTシャツで広まっているが、彼は公職に立候補していない。 代わりに、活動家は別の戦いを戦っています-若い有権者が投票するのを妨げる無関心に対して。

若い人たちが投票しないのは当然のことであり、その多くは候補者は主に男性、高齢者であり、彼らの心配から切り離されていると言います。

現在解散した衆議院の議員のわずか10%が女性です。 与党連立における女性候補者の代表はさらに少ない。 男性と女性の候補者の平均年齢は54歳、60歳、年齢層の3分の1です。 いくつかは80を超えています。

女性の権利については議論されておらず、ジェンダー平等、若い家族への支援、深刻な労働力不足、機能不全の移民制度などの他の問題が議題になることはめったにありません。

断絶は、過去10年間で有権者の3分の1だけが若い有権者に投票したことを意味し、一部のアナリストは、来たる10月31日の国民投票への参加が戦後史上最低になるのではないかと恐れています。

「このような状況では、若者の声は政治に反映されません」と大学院生の野城さん(23)は語った。

「投票しないことで、この世代の生活ははるかに難しくなる。子育ての問題であろうと、その他の問題であろうと、あなたは私たちの世代への政治の復帰に投票し、参加しなければならない。」

日本の状況は米国と対立しており、米国国勢調査局によると、2020年の大統領選挙における18〜24歳の投票率は51%でした。

デンマーク留学中にその過程に興味を持った野城は、疲れにくく、すでに大きな矛盾に打ち勝ちました。 今年の初め、東京オリンピックの森喜朗会長は、性的なコメントをした後、彼を追放するキャンペーンで有名になりました。

しかし、若い有権者の間の無関心は深く、選出された家族の世代によって支配されることが多い日本の政治における長年の体系的な問題を反映している、とアナリストは言った。

今回の選挙で大きな敗北の危機に瀕している与党自民党(LDP)は、60年という短い期間を除いて政権を握っており、変化は不可能であるという印象を与えている。

コメディアンの22歳の南賀ダクトは、「自分の人生と関係があるのは意味がないので、投票するつもりはない」と語った。 「オーバーヘッドが変わっても、これまでと同じように問題が発生します。」

ソーシャルメディア

女性にとって、物事は特に悪いことがあります。 自民党候補の9.7%だけが女性であり、連立パートナーの公明党は7.5%です。

「たとえ選出されたとしても、女性議員は重要な内閣ポートフォリオにアクセスできません。内閣にはほんの一握りしかなく、もっとたくさんあるはずです。そうして初めて、女性は彼らの参加の感覚を持つでしょう」とエアロは言いました。 日野、ヴァセダ大学教授。

日野は、気候変動、大学の学費の引き下げ、男女共同参画などの問題を強調する一方で、若い有権者を引き付けるのに役立つ一方で、そのプロセスも魅力的であるはずだと主張しています。

つまり、新聞での伝統的なキャンペーン、頑固なスピーチ、ソーシャルメディア向けのNHK公共テレビでの騒々しい政治的訴えの拒否-後野太郎などの一部の政治家は、首相にとって最良の選択として世論調査でしばしば引用され、効果的です。

「これらの大規模なパーティーキャンペーンサイトを読む人はほとんどいません。若者には不可能です。ファシリテーターが必要です」と日野氏は付け加えました。

有権者マッチングアプリケーションもシンプルで、人々の質問に答え、どの政党が近づいているかを見つけます。

「基本的にはゲームですが、大丈夫です。一番簡単な方法で好きなパーティーを見つけて投票してください」と日野氏は語った。

「NoYouthNo Japan」のオンラインキャンペーンに加えて、野城は同様のコースを追求し、衣料品会社と提携して、生命、平和、平等、地球を強調するユーモラスなデザインの一連のTシャツを制作しました。 。 。

「毎日服を着ているのは、自分の意見を表現し、自分を表現する形だ」と野城氏は、会話を始めて投票を促すものになることを期待して語った。

何かをしなければならないことは痛々しいほど明らかです。

「人口が多く、投票率が高いため、高齢者の声は必然的に強い」と20歳の足立あゆみ氏は語った。

「私たちが望むものを手に入れるために、私たちは話し合い、投票しなければなりません。」

友志晃による追加報告; ElaineLiesによって書かれました。 MuralikumarAnandaramanの編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本、信頼できるエピデミックへの渇望は、世界に対するメディアの信頼を高めるのに役立つ:ロイターのレポート