Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本ではクマによる被害者の数が前例のないほど増加している

日本ではクマによる被害者の数が前例のないほど増加している

最新の政府データによると、日本では2023年度にクマに襲われる人の数が前例のないほど増加しており、野生動物が木の実を求めて冬眠するため、凶作の年にクマとの遭遇が増えるのではないかと人々が警告している。

環境省のデータによると、4月から9月にかけて本州北部で計109人が負傷、2人が死亡した。 この数字は、政府がこのような毎月の統計を開始したのと同じ時期の2007年度よりも増加している。

2010年9月29日、金沢市の住宅街にいたツキノワグマ。 (京都)

2020年度のツキノワグマやウスリーヒグマなどの動物による負傷者数の最多記録は158人となっている。

10月初旬に発表された同省の暫定データによると、4月までの6か月間で15の都道府県で被害者が発生しており、感染者数の約70%を東北が占めている。

データによると、都道府県別では秋田県が28人、次いで岩手県が27人、福島県が13人となっている。

岩手県では8月に1人が死亡し、県内で野生のクマによる死亡事故は2009年以来初めてとなった。 ヒグマが徘徊する北海道本島北部でも新たな死者が出た。

10月にも新たな感染者が発生し、犠牲者の数は増え続け、秋田県とイワット州の記録を更新しており、現在それぞれ少なくとも30人の犠牲者が出ている。

10月18日、富山市でクマに襲われたとみられる女児が死亡しているのが発見され、学童らが避難した。

地方自治体は、今年日本での遭遇数が異常に多い理由として、昨年の桃の実やドングリの食性によってクマの子の数が増加した可能性があるとしている。

同時に、今年はナッツ類が不作の季節となっており、クマたちは冬眠に備えて食料を求めて人里近くの広い地域への移動を余儀なくされている。

10月に発生した最近の野生クマ事件では、秋田県で60歳未満の2人がひっかき傷を負った。 鹿角市の道路で車から降りた女性が負傷し、大館市の住宅近くの山林では男性が負傷した。

そんな中、秋田市の住宅街で4人が襲われる事件が起きた。 専門家によると、この地域は川に囲まれており、クマの出没場所としては珍しい場所だという。

岩手県の犠牲者の半数以上が人里またはその近くで襲撃され、半数が重傷を負った。

岩手県自然保護課によると、犠牲者の約2割は熊よけ鈴を付けるなどクマ対策をしていた。

クマとの遭遇は「どこでも」起こり得るとし、適切な予防策を講じて警戒するよう呼び掛けた。


関連報道:

東北で4人がクマに襲われる

日本の動物園でライオンに襲われ職員死亡

北海道のとらえどころのない牛を襲う「忍者」クマ、猟師に射殺される


READ  日本の株はより安く、米国はより高価です-ジェフリーズ