Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本では乳児の生産数が非常に少ないため、おむつメーカーは成人向けに注力するようになりました

日本では乳児の生産数が非常に少ないため、おむつメーカーは成人向けに注力するようになりました

写真には、おむつを持った年配の女性が写っています。
トア55/ゲッティイメージズ

  • 日本の企業は、大人用おむつの代わりに、赤ちゃん用おむつの製造を中止することを計画しています。
  • 事業戦略の転換は日本の少子高齢化によるもの。
  • 2023年には日本で生まれる赤ちゃんの数が過去最低になる。

日本のおむつメーカーは、乳児用おむつの生産を中止し、代わりに大人用おむつで高齢者のニーズを満たすことに注力すると発表した。

紙製品を主力とする王子ホールディングスは、 彼は声明でこう述べた 今年9月に乳児用おむつの生産を中止する。

その代わり、地方レベルでは大人用の紙おむつの取引が促進されるだろう。

同社は声明で、「高い収益性と成長の可能性がある」企業に投資を集中するつもりであり、これは戦略的な措置であると述べた。

BBCニュースによると日本における大人用おむつの売上高が、ここ10年以上で初めて乳児用おむつの売上高を上回った。

これは、日本で生まれた赤ちゃんの数が昨年、75万8,631人と8年連続で過去最低を記録したことを受けてのことだ。 日本の厚生省によると。

出生率の低下がもたらす影響についての懸念から、日本の当局者は警鐘を鳴らしている。

林芳正官房長官 先月警告されました 状況は「危機的」であり、傾向を逆転させる時間はほとんどありませんでした。

岸田文雄首相、 彼は去年こう言いました 彼の国は少子化により社会として成り立たなくなる寸前だったという。

この国が直面している人口動態上の課題は、出生率の低下だけに留まりません。 また、急速な高齢化にも直面しています。

昨年、初めて日本人の10人に1人以上が80歳以上となりました。 国のデータによると。

国連人口局 同氏は、日本は世界で最も高齢者の人口が多く、人口1億2500万人のうち29.9%が65歳以上であると指摘した。

少子高齢化により日本の人口は大幅に減少する恐れがあり、2070年までに約30%減少して8,700万人になると予想されています。 ガーディアン紙が報じた。

人口動態の変化による王子ホールディングスの方向転換は、日本最大のおむつメーカーであるユニ・チャームが10年以上前に行った同様の動きを反映している。

ブルームバーグによると、 ユニ・チャームは2011年、大人用おむつの売上が子供用おむつの売上を上回ったと発表した。

READ  発酵廃棄物をジーンズに変える日本の醸造所