Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本では健康とソーシャルメディアを重視したソフトクリームが人気、クラシックなアイスクリームも根強い人気

日本では健康とソーシャルメディアを重視したソフトクリームが人気、クラシックなアイスクリームも根強い人気






左から、デビュー当時から作り続けているソフトクリームコーン、プレミアムソフトクリーム用の「猫の舌」クッキー生地を使用したコーン、竹炭を使用したSNS用コーンの3つです。イメージコラージュ提供:ニッセイ株式会社

福岡 – ソフトクリームのコーンは近年、健康志向やSNS志向などで進化しており、昔ながらのソフトクリームも根強い人気を誇っています。

第二次世界大戦後、日本でソフトクリームが食べられてから約70年が経ち、現在ではさまざまな味でソフトクリームが楽しまれています。 実際、錐体も時間の経過とともに進化してきました。

1951年7月3日、東京・明治神宮外苑で米軍主催のカーニバルのブースで日本で初めてコーン型ソフトクリームが販売された。 これを記念して、メーカーの業界団体である日本ソフトクリーム協議会が1990年代に7月3日を「ソフトクリームの日」と制定した。

大阪府茨木市の老舗ソフトクリームメーカー「ニッセイ」によると、コーンの主原料は小麦粉。 当初は100%輸入していましたが、輸送中の破損や湿気の問題により、1953年からニッセイが国内で生産を開始しました。現在、日本国内でのシェアは75%とトップシェアを誇っています。

日本が豊かになり、ソフトクリームの品質や味も多様化し、コーンも多様化しました。 ニッシーは1980年代後半にザクザクとした食感のワッフルコーンを発売し、プレミアムソフトクリームが流行した2000年代にはそれに合わせたクッキー生地コーンを開発した。

ネッシーの担当者によると、ここ数年のトレンドは「健康とソーシャルメディアに焦点を当てた製品」だという。 同社は小麦胚芽などの食物繊維を配合したコーン、竹炭を使用した黒コーン、訪日外国人向けの赤白コーンを開発した。 現在、同社では約20種類のコーンを展開しているが、こうした変遷を経ても、1953年に製造・販売を開始したコーンは今でも人気があるようだ。

【上田憲久】

READ  天文学者は、かつてないほど地球に近いブラック ホールを発見しました