Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本では毎日500件以上のGovt-19症例が報告されており、2か月ぶりに報告されています

日本は水曜日に合計502件の新しいコロナウイルスの症例を確認し、2か月以上ぶりに500件を超え、年末年始の休暇中に人々が全国を旅行する際に国民の懸念を引き起こしました。

全体として、東京は10月16日以来の最高水準である76を記録し、大阪府は11月11日以来の最高水準である61を記録した。 大阪の場合、11人が大幅に変更されたOmigranバリアントの影響を受けました。

水曜日の時点で、沖縄県で20例、愛知県で6例、山口県で5例、福岡県で2例のオミグロン症例が確認された。

岸田文雄首相は、国の社会交流を通じてオミグランのバリエーションが広がる中、「事態の悪化」に備えて感染予防策を強化すると述べた。

岸田文雄氏は、ツイッターで年末のビデオメッセージで、「口腔内科を広く利用できるようにし、医療制度を保護するために、できる限りのことをする」と述べた。

彼は、医療専門家や介護施設を含むリスクの高い高齢者のためのブースターショットの早期開始を確実にし、無料のポリメラーゼ連鎖反応検査の利用可能性を拡大することを約束しました。

疫学者は、首相がオミグランの変動との戦いにおいて政府の焦点を国内行動に移すことを示唆しました。国境の執行だけでは広がりを抑えるのに十分ではないように思われるからです。

岸田文雄は国境警備の緩和に慎重であり、年末と正月に発生の結果を決定することが期待されています。

12月から成田空港、羽田空港、スブ空港、関西空港へ。 厚生労働省によると、17から25の外国からの113人が新しい亜種の影響を受けています。

新たなCOVID-19感染の数は、東京や日本の他の場所で増加していますが、全体的な症例は第5波に比べて比較的少ないです。

東京では、最近の7日間の新規感染の平均は1日44.9で、前週より57%高かった。

しかし、首都の政府は、新しいCOVID-19に関連する死亡を報告していません。

一方、山口県西部の米海兵隊空港は水曜日、現場で80人がCOVID-19に感染したと発表した。

2021年12月29日に撮影された写真は、東京の羽田空港の出発ロビーで、年末年始を過ごすために故郷に向かう人々でにぎわっています。 (京都)==京都


関連する報道:

政府はオミクロンに近いセレクターを閉鎖するという決定を覆している

在日米軍が出発前のウイルス検査を開始

日本が最初のGovit-19錠を承認


READ  ポケモンカードゲーム日本からのシミンVスターの初見:スター誕生