Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本では15ヶ月ぶり​​にCOVID-19による死亡はありませんでした

日本は、国内の感染症が急速に減少しているため、日曜日のCOVID-19による毎日の死亡は15か月ぶりに発生していないと述べています。

保健当局は、月曜日の前日に死亡者はなく、発生が始まって以来、日本では合計18,310人が死亡したと述べた。

日本は月曜日に、完全にワクチン接種され、スポンサーによって行動計画が保証され、10日間の自己隔離を遵守している留学生、労働者、短期出張者の入国制限を緩和しました。

日本人と外国人の自己隔離は、過去10日間から3日間に短縮されました。

同省によると、2020年8月2日、日本では新たなコロナウイルスによる死亡はなかった。

日本は昨年の夏、デルタ変動によるものを含む多くの感染症に見舞われ、1日あたりの症例数は約25,000に増加しました。 医療制度は崩壊の危機に瀕しており、病院のベッドを見つけることができなかった何万人もの患者が自宅で治療されなければなりませんでした。 東京の新しい毎日の症例数は約6,000に増加しています。

全国的に、症例は9月に減少し始めました。 専門家は、ワクチンの進歩とマスクの普及と消毒剤の使用が他の要因の中でもとりわけ減少に貢献したと言います。

日本での予防接種は、ゆっくりと始まったものの、6月に加速され、現在、人口のほぼ74%が完全に免疫化されています。 政府は12月にブースターショットを開始し、新しく開発されたKovit-19薬を保護する予定です。

日本は社会的・経済的活動を徐々に拡大しているが、専門家は統制の緩和が早すぎると警告している。

政府のコロナウイルスチームの尾身茂会長は、事件の蜂起の初期の兆候を捉え、遅滞なく必要な行動を取る必要があると強調した。

READ  OviSokoが日本に行きます