Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本でクマが58歳男性を殺害

日本でクマが58歳男性を殺害

BBCの報道によると、金曜午後、建設作業員の小林康弘さん(58)が長野県の山林で死亡しているのが発見された。

長野中央警察署によると、小林さんはクマに襲われたとみられ、頭と背中に重傷を負った。 この事件は、クマが人間の居住地にますます侵入する中、この地域で起きた一連のクマ襲撃事件の最新のものである。

日本の放送局NHKは、小林さんが建設現場に戻れなかったところを同僚が発見したと報じた。

朝日新聞は、今月だけで長野市でクマに襲われて4人が負傷したと報じた。 県当局は住民に対し、クマが最も活発に活動する夜明けや夕暮れ時に山に入らないよう、厳重な警告を発している。 当局者はまた、丘に行く人たちに、グループで行き、鐘などを運ぶようアドバイスした。

クマの目撃や事件は通常、冬眠から食料を求めて目覚める4月に発生し、再び冬に備えて脂肪を蓄える9月と10月に発生します。 しかし、クマの主な食料源であるドングリの収量が減少しているため、クマの動きは予測不可能になっています。

日本の環境省は12月、昨年4月から11月までのクマの襲撃で6人が死亡、212人が負傷したと報告し、2020年4月までの12か月間でクマに襲われて負傷した158人のこれまでの記録を破ったとNHKが報じた。

環境省が任命した委員会は5月、住宅地に侵入するクマに対して麻酔銃を含む銃器の使用を認める現行の狩猟法を改正するよう勧告した。 現行の規制では、警察署の命令に従って住宅敷地内のクマにのみ銃器が使用できる。

さらに、日本のメディアは、一部の自治体がこの問題に対処するために人工知能(AI)を活用しており、都市中心部に近づくクマを検知し当局に通知するAI接続カメラを設置していると報じた。
READ  2023 年 4 月から日本ではすべてのサイクリストにヘルメットが義務化されます。