Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で世界最年長の人が119歳の誕生日を祝う

日露戦争の勃発の1年前に生まれた世界最年長の田中健は、日曜日に南西日本で119歳の誕生日を祝った。

1903年1月2日生まれの田中は、明治、大正、昭和、平成、令和の時代に福岡県に住んでおり、直接のターゲットとして120歳まで生きることを望んでいると家族は述べています。 1903年生まれの著名人には、イギリスの小説家ジョージ・オーウェル、映画監督の小津安二郎、日本の詩人金子みすゞなどがいます。

世界最高齢の生き物である田中健が2021年9月に平和の看板を掲げる(写真提供:福岡県)(共同通信)

田中は2019年3月にギネス世界記録に116歳で世界最年長として認められ、117歳261日で日本時代の記録を樹立しました。

福岡のナーシングホームに住む田中さんは、身振り手振りで社員と触れ合い、デジタルパズルを解いて挑戦することが多い。 彼女はチョコレートとソフトドリンクが大好きです。

昨年9月の敬老の日、福岡県知事服部瀬太郎さんから多年草に花が贈られたとき、平和のサインを作って喜んでいました。

9人兄弟の7人目である田中は19歳で結婚した。 1937年に始まった日中戦争で夫と長男が戦ったとき、彼女は麺屋を経営して家族を支えました。

「私は彼女をすぐに個人的に祝福したい」と田中の62歳の孫であるエイジは言った。 「私はあなたが健康であり続け、あなたが成長するにつれて毎日楽しんでくれることを願っています。」


関連するカバレッジ:

日本の百歳以上の男性は初めて86,500人、10,000人以上の男性に達しました

日本南西部で世界最高齢の人は118歳です


READ  2021年の夏季オリンピックは、日本をキャンセルした場合、日本を破産させるのでしょうか。 -ムービーデイリー