Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で化学薬品の入った容器に落ちて逃げた猫、健康上の警告を促す

日本で化学薬品の入った容器に落ちて逃げた猫、健康上の警告を促す

[Source]

先週末、日本の工場で危険な化学物質が入った容器に落ちた猫が大胆にも逃げ出したため、市当局は公衆衛生上の警告を発した。

どうしたの: 事件が起きたのは、 野村マキ福山工場 福山市にて 広島 県、月曜日。 その日出社した従業員が歩道に猫が残した足跡に気づき、すぐに通報した。

それらを調査してください: 閉回路テレビ スクリーンショット 日曜日の夜の番組から 工場からの脱出。 従業員が猫が残した足跡をたどったところ、猫が水の入ったボウルに落ちているのを発見した。 六価クロム発がん性物質であり、触れたり吸い込んだりすると皮膚発疹や感染症を引き起こす可能性があります。 工場長の小林明弘氏は、従業員が水槽を点検したところ、水槽を覆う層が部分的に破れていたことに気づいた。

余波: 福山市はただちに住民に対し、「異形の猫」に近づいたり触れたりしないよう健康警告を発令した。 同社は事件以来猫を捜索しているが、火曜日の時点で猫の姿は確認されていないと伝えられている。

NextShark でのトレンド: オリジナル版『ザ・クロウ』監督、2024年リメイク版を批判:ブランドン・リーの遺産は「生きるべきだ」

同社の広報担当者は「今回の事件で、私たちは猫などの小動物の侵入を防ぐ対策の必要性に目覚めた。これまで予想していなかった事態だ」と述べた。 フランス通信社

猫の状態: クロム6としても知られる六価クロムの槽に落ちた猫がどのような状態になったのかはまだ不明だが、専門家らは猫が長くは生きられない可能性があると考えている。

スウェーデンのカロリンスカ研究所で化学物質のリスク評価を専門とする研究者、リンダ・シェンク氏は、「毛皮がすぐに大火傷をしないように皮膚を守っているとしても、猫は毛皮を舐めて腐食性溶液を口に移すことで毛皮をきれいにする」と話す。 教えて CNN

NextShark でのトレンド: 動画: インドで本物の犬と遊ぶロボット犬

NextShark アプリケーションをダウンロードします。

アジア系アメリカ人の最新ニュースをチェックしたいですか? 今すぐ NextShark アプリをダウンロードしてください!

READ  有毒な山芋のような植物の球根を食べた後、日本で男性が死亡