Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で孤立したバスターズのショッピング データを示す

東京 – コロナウイルスに対して国境を閉鎖するための日本の取り組みに穴が開いている兆候が予期せず現れている.東京の儀式的なキンサ地区にあるデパート.

昨年の秋、顧客データの分析に携わった従業員が落ち込んだ. 住民税控除を利用している店主からパスポート情報を見ていると、入国してからずっと前に店に来る人がいることに気付いた。

彼らが政府によって要求された 2 週間の隔離に違反したことは明らかでした。

この流行のために日本への海外旅行は90%以上減少しましたが、ゼロではありません. 観客のトリックは常に限界を押し広げています。 政府は、国籍に関係なく入国するすべての人に、自宅またはホテルに2週間滞在し、スマートフォンを使用して現在地と健康状態を報告することを義務付けています。

ただし、これらの条件には法的拘束力はありません。 厚生労働省によると、毎日検査を受ける必要のある2万人以上のうち、約100人は検査を受けていないという。 政府の隔離要請にもかかわらず、店に行く人もいる。

流行の前に、多くの外国人観光客が日本の免税ショッピング プログラムを利用していました。

デパートのデータベースからの情報は、消費税を返済するためにパスポートにスタンプされた入国日を示さなければならないため、どの顧客が孤立した可能性があるかを示すことができます。

キンザの従業員が自分の店からデータを収集し、疑惑を確認したとき、政府はこの情報がどれほど価値があるかを知っているのだろうかと疑問に思った.

2020 年 4 月、日本は免税ショッピング取引のデジタル記録に切り替えました。 このデータは国税庁に送信されます。つまり、政府は店舗と同じ情報を持っている必要があります。

ただし、このリソースを直接使用しようとすると、当局は障害に直面します。

「コロナウイルスの反応に対処している人々は、自分がデータを持っていることを知りません」と、経済会社の従業員は語った。 そうした場合でも、税金関連の目的での税金データの使用には法的制限があります。

ビザおよびその他の重要なパスポート情報は、入国管理サービス システムの管轄内にあり、国境管理業務でのそのデータの使用に対して別個の障壁に直面しています。

これらの制限内でエントリ データを使用する計画はまだありません。

伝染性の高いタイプのウイルスが世界中に広がるにつれて、日本の制御に穴があれば、将来の流行の可能性が生まれるリスクがあります。

先月、政府は、デルタ変動がインドで最初に検出された国の指定施設からの隔離された入国者の期限を 6 日延長して 10 日に延長しました。 しかし、世界の他の地域からの帰還者にとっては、2週間家にいることが今でも普通です。

日本免税店協会の関係者は、「販売者から懸念を聞いている。

店員は、免税販売を強制するためにパスポートを見た後、顧客が自己隔離に違反していると感じることがよくあります。 知らないうちにコロナウイルスに触れてしまうのではないかと心配する人も多いでしょう。

中国と韓国では、顧客は店舗に入る前に QR コードを提供する必要があります。 しかし、日本にはそのような制度はありません。

免税販売を監視しても、ウイルスの拡散をリアルタイムで防ぐことはできません。新しい到着者は、買い物中にすでに自己隔離を解除している可能性があるためです。

しかし、旅行者が日本に来て自己隔離を破ったときに当局が知るだろうと警告された場合、そうでなければガイドラインを無視し、代わりにそれに従うことにした人もいるかもしれません。

日本は9月に新会社を設立し、政府業務をデジタル化し、官僚的分裂を防止する。 同社は、政府機関が保有するデータの種類と、それらを効果的に使用する方法を特定するという重要な課題に直面しています。特に、流行などの異常な状況では大胆かつ柔軟な対応が必要です。

READ  松山マニアは日本でゴルフを救うことができますか?