Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で実施された睡眠調査によると、多くの人が就寝時間が6時間未満であることがわかりました。

日本で実施された睡眠調査によると、多くの人が就寝時間が6時間未満であることがわかりました。

日本のデータ

人生

日本での調査によると、50歳以上の人の48%は毎晩6時間未満の睡眠しかとっていません。

LY Corporationは、スマートフォン向け調査プラットフォーム「Line Research」を通じて、全国の15歳から64歳までの5,255人を対象に、毎日の平均睡眠時間と睡眠の質を向上させるために何をしているかを尋ねる調査を実施した。

毎日の睡眠時間は「6~7時間」が33%、次いで「5~6時間」が26%、「7~8時間」が20%だった。

睡眠時間は「6~7時間」が50代未満を除く全年齢層で3割~4割と最も多い。

若い世代ほど睡眠時間が長く、10代の19%が「8時間以上」睡眠をとっている。 10代と20代の40%以上が7時間以上睡眠しています。

一方、「5~6時間」睡眠者は50~60代が約3割と最も高い。 50代男女の半数近くが睡眠時間が6時間未満だった。

睡眠の質を高めるためにどのような工夫をしているかを見ると、全年代で「照明を暗くする」「お風呂でゆっくりリラックスする」「ベッドの寝心地を変える」がトップ3となった。 しかし、全体では「特に何もしていない」と回答した人は約3割で、男性の方がその割合が高かった。

(日本語から翻訳。バナー写真 © Pixta)

健康
寝る

READ  ハリス副大統領と岸田首相との会談の朗読