Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で数千人に感染している大腸菌は、赤いスポンジと診断されています

ある調査によると、昨年の日本での大規模な食中毒の発生は、約3,000人の学校の生徒と職員を巻き込んだ大腸菌の背後にありました。

調査の結果、2020年の噴火は、大腸菌O7:H4ミックスサラダに使用された赤いスポンジが原因であることがわかりました。 スポンジは2017年に輸入されました。

E. coli O7:H4は、腸管攻撃性のE. coli熱安定性エンテロトキシン1(EAST1)のastA遺伝子を保有する患者の糞便サンプルと赤いスポンジで検出されました。 ジャーナルに掲載された研究によると、大腸菌からの大腸菌の食中毒症例は、EAST1のastAを運び、一般的に軽度の症状を示します。 疫学と感染症

2020年6月下旬、埼玉県八潮市の小中学生が下痢や腹痛などの胃腸症状を訴えました。 八潮と八潮教育委員会の管轄内にある15の公立小中学校にも患者がいました。 民間の仕出し屋からの学校給食は、すべての患者が食べる一般的なおやつです。

6,732人の生徒、教師、その他のスタッフが学校給食を食べ、そのうち2,958人が病気になりました。 主な症状は下痢、腹痛、発熱です。

患者と食品サンプルの検査
糞便サンプルは、15校のうち8校の19人の患者と、抗生物質を投与されていない八潮教育委員会から収集されました。 また、6月24日、25日、26日に提供された昼食からの27の食品サンプルは、八潮教育委員会と私立学校の食品供給施設に食品の種類ごとに保管され、9つのスツールサンプルが食品調理スタッフから採取されました。 厨房施設の4つのスワップサンプルが収集されました。

19人の患者の18のサンプルと食品労働者の9つのサンプルからの培養プレートの直接検査は、E.coliとしてのラクトース発酵コロニーの発達を明らかにしました。 下痢大腸菌のウイルス関連遺伝子の存在がコロニーで確認されました。 14人の患者からの14の分離株がE.coliO7:H4として同定されました。

27個の保存食品サンプルと4個のスワップサンプルが、E。coliO7:H4を含むastAについてテストされました。これは、6月26日に発行された2つのスポンジサラダサンプルで見つかりました。

スポンジサラダは、6種類のスポンジに水とゆで野菜とドレッシングを添えて作られています。 大腸菌群は、製造業者による自己検査中に赤いスポンジで発見されました。 2017年に輸入された赤いスポンジで、大腸菌を運ぶASAが検出されました。

輸入検査中および製造業者への販売時に大腸菌群は検出されませんでした。 同じスポンジについて他の苦情はありません。 したがって、赤いスポンジの大腸菌汚染の原因を特定できませんでした。

これは、大腸菌O7:H4によって引き起こされた大規模な食中毒の最初の報告であると研究者らは述べた。

「この特定の噴火がスポンジの原因であるため、水産物の汚染を注意深く監視することをお勧めします。」

(食品安全ニュースの無料購読にサインアップするには、 ここをクリック)。

READ  日産が日本でのセダンの成長を終わらせる