Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で最初の安全性試験に合格した空飛ぶ車は、2025年までに発売される可能性があります

空飛ぶ車を購入しました 最初の安全証明書 日本が発行し、2025年からeVTOL車を販売できるようになりました。これは、日本でこの時点に到達した最初の空飛ぶ車であり、これが空飛ぶ車の10年になる道を開く可能性があります。

SkyDriveのeVTOL電気空飛ぶ車のコンセプトは現在 SD-03SD-03は、シートを1つだけ搭載し、クワッドコプター構成の8つのプロペラを搭載し、飛行距離は約10分、最高速度は30 mph(48 kph)です。 世界デビュー中、パイロットは垂直に離陸した後、テストエリアを飛行し、スムーズに下向きに着陸しました。

それ以来、SkyDriveは 証明書の種類、国土交通省(MLIT)によって発行され、車両の安全性を証明します。 航空機の出力と飛行能力をテストする厳密なテストが適用されますが、会社はコンセプトに関連する広範なデータと製造計画も提供する必要があります。 MLITは、この認証で空飛ぶ車を受け入れたことがないため、SkyDriveの承認は空飛ぶ車のマイルストーンになっています。 同社は現在、政府と協力して安全なeVTOL車両を開発することを目指しています。

現在、SD-03は日本でドローンカーゴサービスとして使用されていますが、安全認証を受けて、スカイドライブは2025年までにできるだけ早く彼らの車をフライングタクシーサービスに投入することを望んでいます。

READ  英国はブロードバンド宇宙開発競争でイーロンマスクに挑戦| テクノロジーセクター