Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で汚染を教える | 東アジアフォーラム

日本で汚染を教える | 東アジアフォーラム

著者:IDE-JETRO 小島道一

2022年、UNEPプラスチック汚染に関する政府間交渉委員会は、プラスチック汚染に関する新しい国際条約の締結を求めた。 プラスチックは生態系、動物、そして場合によっては人間の健康に悪影響を与えることが知られています。 中国、インドネシア、フィリピンなどのアジアの発展途上国 素晴らしい情報源プラスチック漏れ 海の内側。

彼らは、プラスチック廃棄物をより適切に管理する方法、特に管理が不十分な廃棄物の割合が高い農村地域への廃棄物収集サービスの拡大に関するインスピレーションを得るために日本に目を向ける可能性がある。 たとえば、世界経済フォーラムが発行した2020年のレポートは、 運命は推定される インドネシアのプラスチック廃棄物は、大都市、中規模都市、農村部、僻地という 4 つの主要なカテゴリーにまたがっています。 中規模都市と農村地域は、管理が不十分な廃棄物の約 72% を占めています。 大都市はプラスチック漏出全体のわずか約 10 パーセントを占めていますが、地方は海、湖、川への漏洩の 49 パーセントを占めています。

廃棄物収集サービスは日本ではほぼすべての世帯に提供されていますが、1961 年の廃棄物収集の普及率はわずか 46.6% でした。 1970 年代の終わりまでに、廃棄物収集率は 92.6 パーセントに達しました。 1960年代以来、中央政府は地方自治体が廃棄物焼却プラント、廃棄物発電プラント、埋め立て地などの廃棄物処理方法に投資するための支援を強化してきた。

廃棄物発電所や埋め立て地は規模の経済を実現できるため、日本政府は廃棄物管理における自治体間の協力も推進している。 1961 年から 1979 年の間に、約 537 の都市廃棄物管理協会が設立されました。

廃棄物管理に対する同様の地域的アプローチのいくつかの例 すでに存在しています インド、タイ、フィリピンなどのアジアの発展途上国。 しかし、これらの国でも、地域の廃棄物管理制度は限られています。 これは、廃棄物管理施設を小さな町や農村地域に拡大するための国の政策や資金調達の仕組みが欠如しているためです。

1980年代後半、日本では家庭廃棄物や産業廃棄物が発生しました。 もっと 経済成長とプラスチック使用量の劇的な増加により、それぞれ21パーセントと26パーセントとなった。 日本では1990年頃、埋め立て地の不足と産業廃棄物の不法投棄の増加に直面し、日本政府がリサイクルを奨励するようになった。 1991 年、再生資源促進法により、政府は業界に対し、リサイクル設計の実施と廃棄物に分別収集のラベルを付けることを義務付けることができました。

拡大生産者責任(EPR)は、1995 年の容器包装の分別収集及びリサイクルの促進に関する法律を通じて日本で初めて試験的に導入されました。 同法は、容器包装を使用する生産者に対し、リサイクル事業を監督する国の指定団体である日本容器包装リサイクル協会にリサイクル料金を支払うことを義務付けている。 この法律はまた、消費者にリサイクルのための材料の返却を管理することを義務付けており、地方自治体や生産者が独自のリサイクルプログラムを規制することを許可しています。

たとえば、刺身や寿司用のポリスチレン製トレイを製造している会社は、独自のリサイクル プログラムを行っています。 スーパーマーケットや店舗の使用済みポリスチレントレイはリサイクル箱に集められています。 消費者はトレーを自宅で洗い、買い物の際に指定されたゴミ箱に返却します。 その後、トラックが新しいトレイを店舗に配送する際に、トレイが回収されます。 回収された廃棄物トレイは新しいポリスチレン製トレイにリサイクルされますが、トレイの表面はバージンプラスチックでコーティングされています。

EPR は 1997 年にボトルとポリエチレンテレフタレート (PET) に適用されました。2000 年には紙とプラスチック容器にも適用されました。 現在、日本ではプラスチック廃棄物の 87% がリサイクルまたは熱回収されています。

環境中に漏洩するプラスチックの発生源と種類を特定し、適切な対策を講じることが重要です。 現在、日本の他のプラスチック廃棄物発生源にも注目が集まっています。 2022年に施行された「プラスチック資源循環促進法」は、プラスチック製のおもちゃやハンガーなど、包装・容器以外のプラスチック廃棄物のリサイクルを促進する。

2020年度、日本の新興企業ピリカとそのパートナー団体(20の地方自治体と2つの大学を含む)が河川や湖沼でマイクロプラスチックの調査を実施したところ、日本で最も多く存在するマイクロプラスチックは人工芝と緩効性肥料のカプセルであることが判明した(23.4パーセント)。 ). と 15 パーセント、それぞれ。 これを受けて全国農業協同組合連合会は、非生分解性プラスチック製の緩効性肥料カプセルを生分解性プラスチックカプセルに切り替えると発表した。

2022年プラスチック資源循環促進法は、飲食店や小売店によるプラスチック製のカトラリーやマドラー、ストローの無償提供を規制することで、さまざまなプラスチック製品のリサイクルを促進する。 この法律はホテルへの歯ブラシ、かみそり、その他の品目、ドライクリーニング業者のハンガーやバッグの提供も対象としている。

日本政府は現在、国際協力機構を通じて研修コースを開催することで、東南アジア諸国のプラスチック汚染との闘いを支援している。 日本の環境省は、2019年にASEAN経済研究所の海洋プラスチックごみに関する地域知識センターの設立を支援しました。 接続済み そして公衆との個人的なコミュニケーション。 また、日本アセアンセンターは、日本全国および一部のASEAN諸国の多くの学校で海洋プラスチックごみ啓発プログラムを開催してきました。

リサイクルや他の材料への代替を通じてプラスチックを削減することは重要ですが、これを短期間で行うことは、特に発展途上国では困難です。 効果的な廃棄物管理は、地域の能力の強化、プラスチックの使用量の削減、EPR スキームによるリサイクルの実施と促進にかかっています。 日本の経験は、東南アジアでこの問題に対処するための同様の取り組みの基礎となり得る成功モデルを提供する。

小島道一氏は、日本貿易振興機構アジア経済研究所(IDE-JETRO)の主任研究員であり、東アジア・アセアン経済研究所(ERIA)環境問題担当大統領上級顧問でもある。

READ  ElectroRoute がアイルランドと日本でさらに拡大